服部信康 / 服部信康建築設計事務所による愛知県西春日井郡の住宅「石動邸」

( )

Photo at random

服部信康 / 服部信康建築設計事務所による愛知県西春日井郡の住宅「石動邸」

architecture, feature

ishidou-sama1001

ishidou-sama1009

服部信康 / 服部信康建築設計事務所が設計した愛知県西春日井郡の住宅「石動邸」です。
また、2014年5月18日・19日には、この建築の見学会が行われるとの事です。

ishidou-sama1002

ishidou-sama1003

ishidou-sama1004

ishidou-sama1005

ishidou-sama1006

ishidou-sama1008

ishidou-sama1011

ishidou-sama1013

ishidou-sama1014

ishidou-sama1016

ishidou-sama1017

ishidou-sama1019

ishidou-sama1023

ishidou-sama1024

ishidou-sama1025

以下、建築家によるテキストです。

**********

石動邸

光と影を求める空間ではなく、光と光の奥に存在する空気を追求したいと思っていた。

目に感じる光源、脳に飛び込んで来る光の波長や方向をコントロールすることで,
普段感じる1 というスケールが、1 より長いのか短いのか、それとも、1 より浅いのか深いのかわからなくなる。
そうすることで光の認識と受け方を変化させ、森林の中の木漏れ日、朝もやのような新しい空虚を作る事が
この住まいの方向性であると感じた。

この建物は住まう家族を優しく包みこむ 「光の彫刻」 として意味付け、
平凡な生活の中でふとした時に気づかされる光の美しさを 「その家族だけ」に感じさせたいと思い設計をした。

ここに住む家族にどんな光を感じさせるのかを思考し,
そして, 物質として存在しない光に対して開口部の位置・大きさ, その空間のボリュームなどをコントロールすることで,
家族の物語が生まれる。

雲の上の光と下の世界の光との切れ際を感じさせる苔の中庭
床のテラゾーに反射した光と傾斜した漆喰の壁による光のグラデーションを楽しむリビングダイニング
洞窟のような空間に木綿に包まれたような優しい光が満ち溢れる空虚な2階

存在しない「光」の物質を職人の手で一つ一つ築いたこの住まいは、
みんなの力によって光に満ちた彫刻として現れ、家族の物語をより豊かにしていく。

■建築概要
所在地;愛知県西春日井郡
主要用途;専用住宅
竣工月;2013 年12 月
設計;服部信康/ 服部信康建築設計事務所
構造:RC造
規模:地上2 階
敷地面積:158.86 ㎡
延床面積:117.70 ㎡
■WEB
服部信康建築設計事務所:ou-chi.in


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact