塚本由晴をゲストに迎え、関西の建築家14組がお互いの作品を批評しあうイベント「OPEN atD 2015」が開催[2014/1/13]

( )

Photo at random

塚本由晴をゲストに迎え、関西の建築家14組がお互いの作品を批評しあうイベント「OPEN atD 2015」が開催[2014/1/13]

architecture, exhibition

open4d

塚本由晴をゲストに迎え、関西の建築家14組がお互いの作品を批評しあうイベント「OPEN atD 2015」が開催されます。場所は富士工業グループ大阪ショールーム、開催日は2014年1月13日。入場無料、要事前申し込み。

「atD」とは現在進行中のプロジェクトを公開・批評することで「D/difference=違い」を明示し、それぞれに固有の技法と理(ことわり)を深める場です。

プロジェクト段階の設計をプロセスから開示して忌憚なく批評しあう会ですが、久しぶりにゲストの塚本由晴さんを交えて「Open atD 2015」として公開で行います。

当日は計10程のそれぞれのプロジェクトについて批評しあうことを予定しています。

詳細は以下。

《OPEN atD 2015概要》

■日時
2015年1月13日(火)17:00-20:00

■会場
富士工業グループ大阪ショールーム
大阪市中央区南船場2-1-3フェニックス南船場1F

■入場無料/予約必要 
・Facebookページからのお申込み
・電話06-6265-2151

■定員
80名※当日ご参加も若干名ご準備しております

主催 アリアフィーナ株式会社 http://www.ariafina.jp/
協賛 大光電機株式会社    http://www.lighting-daiko.co.jp/

Facebookページ https://www.facebook.com/events/879326662099271

■ゲストスピーカー
塚本由晴
東京工業大学大学院准教授,博士(工学)/アトリエ・ワン
1965年 神奈川県生まれ
1987年 東京工業大学工学部建築学科卒業
1987-88年 パリ建築大学ベルビル校(U.P.8)
1992年 貝島桃代(現筑波大学准教授)とアトリエ・ワン設立
人間の生がもつリズムと、建築がもつ長い時間尺度の関係を軸に、研究と創作を連動させた
数々の建築作品や都市リサーチ、マイクロ・パブリック・スペースを発表
メイド・イン・トーキョー、Behaviorology (Rizzoli 2010)、コモナリティーズ(LIXIL 2014)など著作多数

■スピーカー
阿曽芙実|阿曽芙実建築設計事務所
荒谷省午|荒谷省午建築研究所
伊藤孝|アトリエ ヴォイド・セット 一級建築士事務所
魚谷剛紀|UO,A
河田剛|とのま一級建築士事務所
木村吉成|木村松本
榊原節子|榊原節子建築研究所
島田陽|タトアーキテクツ・島田陽建築設計事務所
眞野サトル|ARCHIXXX眞野サトル建築デザイン室
竹口健太郎|アルファヴィル
畑友洋|畑友洋建築設計事務所
林敬一|林敬一建築設計事務所
樋本拓|一級建築士事務所 ヒモトタクアトリエ
三宅正浩|y+M design office

■モデレーター
川勝真一|R A D
島田陽|タトアーキテクツ・島田陽建築設計事務所


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact