リズムデザイン+ケース・リアルによる熊本の「はけみや保育園」

( )

Photo at random

リズムデザイン+ケース・リアルによる熊本の「はけみや保育園」

architecture, feature

hakemiya001
all photos(C)白木世志一

リズムデザイン+ケース・リアルが設計した熊本の「はけみや保育園」です。

「"小さな学校"ではなく、"大きな家"を」という園からの要望を受けてプランされた保育園の計画。保育園として何か特別な空間を用意するのではなく、園児の日常の暮らし(食べる、寝る、遊ぶ)をそのまま受け入れられるような空間を求められた。

※以下の写真はクリックで拡大します

hakemiya002

hakemiya003

hakemiya004

hakemiya005

hakemiya006

hakemiya007

hakemiya008

hakemiya009

hakemiya010

hakemiya011

hakemiya012

hakemiya013

hakemiya014

hakemiya015

hakemiya016

hakemiya017

hakemiya018

hakemiya019

hakemiya020

hakemiya021

hakemiya022

hakemiya023

hakemiya024

hakemiya025

hakemiya026

hakemiya027

hakemiya028

hakemiya029

hakemiya030

以下、建築家によるテキストです。

**********

「"小さな学校"ではなく、"大きな家"を」という園からの要望を受けてプランされた保育園の計画。保育園として何か特別な空間を用意するのではなく、園児の日常の暮らし(食べる、寝る、遊ぶ)をそのまま受け入れられるような空間を求められた。そこで空地を単なる一つの園庭としてまとめるのではなく、建物のボリュームによって敢えて小さな園庭と中庭とをもつように配置した。これによって、この敷地で体感出来るスケールをより住宅に近いサイズへと落とし込むと共に、園庭ー保育室ー中庭へと連続して多彩な活動が展開されることを目指した。また、通常二層の保育園では園児の避難能力の問題から、未満児室を1階に3歳児以上の保育室を2階へ配置する園も多い。しかし今回は3歳児以上の保育室を1階に配置することで、敷地レベルでの活動がより活発になることを優先させた。一方で2階にはテラスを設け、日常的には未満児がある程度区画された外部で遊べる場所として、避難時はこのテラスを一時的な避難場所となるよう計画している。そして建物は片流れと寄せ棟とを連結させた傾斜屋根とし、同じ室内でも各室で全く性質の異なる空間となるよう配慮した。

■建築概要
はけみや保育園(2014年/熊本)
設計:
リズムデザイン/井手健一郎 島田真理子
ケース・リアル/二俣公一 柴田りつ
構造設計:黒岩構造設計事ム所/黒岩裕樹
施工:株式会社 秀拓/岡山拓郎 平川則一
照明計画:BRANCH lighting design/中村達基
サイン計画:ORYEL/AD: 井上広一 D: 中島千香子
クライアント:社会福祉法人はけみや保育園
計画地:熊本県熊本市北区高平
計画種別:新築
用途:保育園
計画期間:2013年4月~2014年5月(計画着手:2013年4月、工事竣工:2014年5月)
構造:RC+鉄骨造
規模:地上2階/地下1階
敷地面積:952.4平米(約288.6坪)
建築面積:395.9平米(約119.9坪)
延床面積:778.2平米(約235.8坪)


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact