403architecture [dajiba]による、浜松市中区の店舗「鍵屋の基礎」

( )

Photo at random

403architecture [dajiba]による、浜松市中区の店舗「鍵屋の基礎」

architecture, feature

kagiya000

kagiya001
all photos(C)長谷川健太

403architecture [dajiba]が設計した、浜松市中区の店舗「鍵屋の基礎」です。

洋服店に勤めていたクライアントから、独立するにあたって依頼された、新店舗の計画。クライアント自らが洋服のリメイクを制作・販売するとのことであったため、その工房を中心に据え、周囲を販売・陳列スペースとしている。制作している雰囲気が通りからなるべく見えやすいように、工房を通りに対して最も近づけ、出入口とショーウィンドウはセットバックさせた。

※以下の写真はクリックで拡大します

kagiya002

kagiya003

kagiya004

kagiya005

kagiya006

kagiya007

kagiya008

kagiya009

kagiya010

kagiya011

kagiya012

kagiya013

kagiya014

kagiya015

kagiya016

kagiya017

kagiya018

kagiya019

kagiya020

kagiya021

kagiya023

kagiya024

kagiya025

kagiya030-plan22

以下、建築家によるテキストです。

***********

洋服店に勤めていたクライアントから、独立するにあたって依頼された、新店舗の計画。クライアント自らが洋服のリメイクを制作・販売するとのことであったため、その工房を中心に据え、周囲を販売・陳列スペースとしている。制作している雰囲気が通りからなるべく見えやすいように、工房を通りに対して最も近づけ、出入口とショーウィンドウはセットバックさせた。工房は基礎部分にRCブロックを使い、上部構造はそのピッチを基礎に習った間柱材と胴縁によって簡素に組み上げている。 内外境界には制作のスチールサッシを用いることで、存在感を抑えながらも、同時に仮設的とも捉えられるよう意図している。 築50年を超えるRC造の建物の1階に、建設途中の小さな工房が自律して置かれているような、即物的な状態をめざした。
浜松の郊外にはかつて多くの繊維工場が存在していたが、製造業が発展する一方で進んだ繊維産業の衰退により、その多くは大型SCなどの消費の場に置き換えられた。このプロジェクトはそのような生産機能を、中心市街地という空洞化した消費の場に召還することで新たな生産と消費の関係を作り出しているともいえる。市街地-郊外といった場所や、戦後-現代といった時代をマトリクスを基準にして、そのコンテクストを再編することを試みた。

■建築概要
物件名: 鍵屋の基礎
所在地:浜松市中区
主要用途:アパレルショップ
工事種別:改修
内装設計監理:403architecture [dajiba] 
床面積:30m2
竣工:2015年9月
施工:株式会社 杢理


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact