後藤充裕 / mitsuhiro gotoh architectsによる、宮城の、郊外の大型ショッピングセンターに入居するオフィスの改修計画「I office」

( )

Photo at random

後藤充裕 / mitsuhiro gotoh architectsによる、宮城の、郊外の大型ショッピングセンターに入居するオフィスの改修計画「I office」

architecture, feature

all photos©Yuriko Tsuchida

後藤充裕 / mitsuhiro gotoh architectsによる、宮城の、郊外の大型ショッピングセンターに入居するオフィスの改修計画「I office」です。

郊外の大型ショッピングセンターに入居するオフィスの改修計画。
以前、飲食店が入っていた場所と聞いて、オフィス改修としてはあまりポジティブなイメージが持てなかった。しかし、現地に行ってみると、既存空間上部には大きなダクトスペースがあり、天井高さは5mを超えるショッピングセンターらしいスケルトンが魅力的に思えた。さらに、運良く隣の区画も借りることができたため、中間の壁を撤去すると、予想以上に大きな空間が現れた。

以下、建築家によるテキストです。

***********

郊外の大型ショッピングセンターに入居するオフィスの改修計画。

以前、飲食店が入っていた場所と聞いて、オフィス改修としてはあまりポジティブなイメージが持てなかった。しかし、現地に行ってみると、既存空間上部には大きなダクトスペースがあり、天井高さは5mを超えるショッピングセンターらしいスケルトンが魅力的に思えた。さらに、運良く隣の区画も借りることができたため、中間の壁を撤去すると、予想以上に大きな空間が現れた。

そこで、ワーカーにとってフレキシブルに利用できるひとつながりの空間と捉え、既存空間のおおらかな状態を損なわないよう、新たに手を加える部分は仮の状態でつくることを考えた。何より、オフィスワークにおけるこれからの要望に対応するためだ。

求められた水回りなどのスペースを既存壁面に沿って配置し、既存空間のアウトラインを縦横にオフセットさせたスケールの間仕切りをたてた。間仕切りの仕上げは、今後の追加要望にも柔軟に応えられるよう、ビスがとめられるもの。細部に使用する金物は、メッキを施す前の生地。仕上げについても仮の状態をフィニッシュとした。

大量な書類のストックが課題であったため、可動・追加・切断できる棚を壁に沿ってぐるりと配置し、デスクの周囲に十分な書類のアーカイブを可能にしている。また、ファイルを傾けると固定される、ブックエンドとインデックスを兼ねた専用パーツも製作し、書類の整理や移動をワンタッチで行えるようにした。

引き渡し後も追加の要望に応えつつ、ワークスタイルに合わせて、インテリアは徐々に姿を変えてゆくことだろう。現時点で望むのは、ここで起こる様々なことを想定しながら、働く人々と考える、終わりのない設計への足掛かり、である。

■建築概要
題名:I office
設計:後藤充裕/mitsuhiro gotoh architects
所在地:宮城県富谷市
用途:オフィス
施工:wonder-wall
面積:186.51㎡
竣工:2017年9月
写真:Yuriko Tsuchida


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact