迫慶一郎/SAKO建築設計工社”バルセロナ・イマジナリウム”

( )

Photo at random

迫慶一郎/SAKO建築設計工社”バルセロナ・イマジナリウム”

architecture, feature

迫慶一郎/SAKO建築設計工社による"バルセロナ・イマジナリウム"です。

sako01.jpg
(C)Marta Pons Miralbell


sako02.jpg
(C)Marta Pons Miralbell
sako03.jpg
(C)Marta Pons Miralbell
sako04.jpg
(C)Marta Pons Miralbell
sako05.jpg
(C)Marta Pons Miralbell
sako06.jpg
(C)Marta Pons Miralbell
sako07.jpg
(C)Marta Pons Miralbell
sako08.jpg
(C)Marta Pons Miralbell
sako-draw1f.gif
1階平面図
sako-draw2f.gif
2階平面図
sako-drawbf.gif
地階平面図
sako-section.gif
断面図
all photos provided by SAKO建築設計工社
洞 等高線/等色線
「バルセロナ・イマジナリウム」はキッズブランド「イマジナリウム」の旗艦店であり、グラシア通りをはさんで「カサ・ミラ」の向かいに位置する。6mの間口に28mの奥行きという細長いプロポーションの空間が、3層(B1F、1F、2F)に渡って重なった構成である。
 この店舗が扱う商品の系列は23にも及ぶ。それぞれが商品に合わせた独自のエリアをつくりながらも、全体としては一体感のある空間をつくろうと考えた。洞窟のもつ空間特性がそれに応えられるのではないか。全体を一望にて把握出来るわけではないが、奥へ奥へと進むにつれてシーンが連続的に展開して行くような空間である。
 商品やそのパッケージは原色を用いたモノが多い。その色づかいを引き立てつつ、空間自体も賑やかさを醸し出すために空間を虹色に着色した。虹色は縦方向の高度に合わせて漸次的に変化をする。
 6つのレベルの陳列棚は、各階において滑らかな曲線を描いている。それはあたかも「等高線」による自然の地形を再現しているようである。
 局所的に「舌」のように飛び出した陳列棚の部分は、販促品のディスプレイ、エリアサイン、テーブル、椅子、カウンター、書棚、パーティションなどの特異点となり、多様なアクティビティをつくり出している。レイヤー毎に形状が異なるため、アクティビティはこの空間内で3次元的に、そして不均一に分布している。そのため各レイヤーをオーバーレイさせて上から眺めてみると、各色の棚による「等色線」がそのまま、アクティビティ分布=「空間の応力」を描き出していることが分かる。
 エントランスのダブルドアーを始めとして、店内には子供用と大人用のモノが一組となって配置されている。そこには子供と大人を同等に扱うという「イマジナリウム」の理念が表わされている。
 子供たちにとって「虹色の洞窟」を回遊することは、単なるショッピングという行為を超え、探検心が刺激されるような体験となるだろう。
(迫慶一郎/SAKO建築設計工社)
□建物概要
バルセロナ イマジナリウム(Imaginarium in Barcelona)
スペイン バルセロナ市
設計:2007.05-2007.11
竣工:2007.11
規模:地上2階、地下1階
延床面積:990.0m2
□関連リンク
迫慶一郎/SAKO建築設計工社


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact