苅部寛子建築設計事務所+成瀬・猪熊建築設計事務所による”世田谷フラット”

( )

Photo at random

苅部寛子建築設計事務所+成瀬・猪熊建築設計事務所による”世田谷フラット”

architecture, feature

setagaya-flat116.jpg
photo(C)西川公朗

苅部寛子建築設計事務所+成瀬・猪熊建築設計事務所が設計した"世田谷フラット"です。


setagaya-flat102.jpg
setagaya-flat103.jpg
setagaya-flat105.jpg
setagaya-flat107.jpg
setagaya-flat109.jpg
setagaya-flat110.jpg
setagaya-flat111.jpg
setagaya-flat112.jpg
setagaya-flat115.jpg
setagaya-flat121.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
世田谷フラット
壁式構造の共同住宅の改装プロジェクトである。第一種低層住居専用地域の三階にあり、広めの間取りと恵まれた環境の一方で、壁を全く変更できないという難点もあった。
躯体の構成は単純で、北側の長い廊下と、そこからアクセスする部屋によって成立している。部屋は必然的に廊下側と外壁側に開口部が開き、廊下と直交する壁が大きな壁面となる。私たちは、特徴的な仕上げ・キッチン・棚などの要素を、この大きな壁面に集めることでその印象を強め、躯体がもっていたレイヤ状の構成を顕在化させた。
仕上げは、コンクリート普通型枠打放し・モルタル金ゴテ・パテ扱きの上クリア塗装・構造用合板の四種がある。普通型枠打放しは古い躯体、構造用合板は新設だが、モルタルとパテ扱きは、壁紙を剥いで現れた不陸調整のためのモルタルとパテ扱きに上塗りをしたものである。古い要素でありながら新しい中間的な存在である。この仕上げによって、視覚的な新旧の対比は限りなく薄まる。新設したものによって構成を顕在化させながら、リテラルな新旧の対比を消すことで、躯体までもが今回の計画によって調整されたかのような印象を与える。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact