仲俊治+宇野悠里 / 仲建築設計スタジオによる長野県白馬の「白馬の山荘」

( )

Photo at random

仲俊治+宇野悠里 / 仲建築設計スタジオによる長野県白馬の「白馬の山荘」

architecture, feature

1_hakuba_5441
photo(C)鳥村鋼一

仲俊治+宇野悠里 / 仲建築設計スタジオが設計した長野県白馬の「白馬の山荘」です。

2_hakuba_5868

3_hakuba_5805

4_hakuba_5529

5_hakuba_5933

6_hakuba_5730

7_hakuba_roof

8_hakuba_2191

9_hakuba_2227

10_hakuba_2356

11_hakuba_2404

12_hakuba_w_naka

13_bench-bed

14_bench-bed

15_hakuba_6006

21hakuba--haichi

16hakuba-plan-1F

17hakuba-plan-2F

18hakuba-section01

19hakuba-section02

22hakuba-section

20hakuba-axome

以下、建築家によるテキストです。

**********

地続きの床と大きな透明屋根

長野県白馬村は日本有数の豪雪地帯で、年間の寒暖の差も激しい。冬は日照が少なく、敷地周辺では雪が2mほど積もり、気温は氷点下20 度まで下がる。夏は日照はあるが風がなく、森の中は意外と蒸し暑い。豪雪のため軒の出を大きく出せず、この地域の住宅や別荘は地面から1mほどの高床となっている。結果として、使い方の面において、豊かな自然から切り離された建築になっている。

そこでこの週末住居では、まず屋根を大きくし、 建物を沈めて床を地面と揃えた。屋根の下の半分を広場(=外部)とし、残りの半分にキッチンやストーブを設えた。広場には季節や使い方に応じて蚊帳やビニールカーテンを吊すことができる。広場を開放的にするため、屋根勾配は緩くした。屋根材には軽量で高強度の透明ポリカーボネート折板を用い、格子フレームをハシゴ状の構造体の上に載せることで、 積雪2.5mに耐える軽快で明るい屋根を実現できた。これらの結果、この週末住居は、冬は雪に身を浸すような体験をもたらし、夏の広場は薄暗い森の中に浮かぶ光の塊のようになる。

生活の楽しさをもたらす環境装置

地続きの床は建築内外を連続させると同時に、地熱を床下に蓄熱し、天然の床暖房のような効果をもたらす。計測結果を基に判断するところでは、周辺に積もった雪が地熱を地中に保温する効果もあると思う。透明屋根は四季や時間の移ろいを楽しむことが できると同時に、天井面との間にダブルスキンをつくる。このダブルスキンは夏は温度差換気を促進し、冬はすがもれを抑える。また天井面の3割は天窓としているが、ペレットストーブの弱運転で空間は十分に暖まる。屋根に載せた雪の断熱効果と考えている。

自然の特性を生かした建築はパッシブな環境装置としても機能し、1 年を通じて「自然の中に自分がいる」ことを感じられる、そんな生活の場となった。

※計測データ、環境装置の詳細については、「新建築住宅特集2013年11月号」参照

(仲俊治・宇野悠里)


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact