住宅建築2014年10月号の特集「柱と建築」のプレビュー

( )

Photo at random

住宅建築2014年10月号の特集「柱と建築」のプレビュー

architecture, book, feature

jyutakukenchiku-hyoushi

住宅建築2014年10月号の特集「柱と建築」のプレビューです。

柱と建築───「象徴」と「技術」から柱の意味を問い直す

 古来、柱とは天と地をつなぐ「象徴」であり、柱を立てることから発展した「技術」が、日本の建築を支えてきましたが、近年、建築空間で柱の存在は希薄になりつつあります。本特集は、柱の原初の姿へ遡りながら、「社寺建築」「民家」のふたつのアプローチからその意味を問い直します。「象徴」「技術」「社寺建築」「民家」というマトリクスの交点に位置する「長寿寺本堂」「旧広瀬家」を中心に、三内丸山遺跡から篠原一男の住宅までを射程に振り返ります。

※以下の画像はクリックで拡大します

P022-029-1

P022-029-2

P022-029-3

P022-029-4

以下目次です。

**********

[特集1]
柱と建築───「象徴」と「技術」から柱の意味を問い直す
柱の解体と再構築 文=福島加津也

長寿寺 本堂 鎌倉時代前期/滋賀県湖南市
旧広瀬家住宅 江戸時代前期/山梨県(現在:川崎市立日本民家園)

転換点を示す二つの事例 文=後藤治

柱の意味を解剖する① 象徴としての柱
象徴化と脱象徴化を繰り返すことによるその意味の変容 文=大松俊紀

柱の意味を解剖する② 技術としての柱
空間フレームの歴史的な流れを手がかりとして 文=福島加津也

鼎談 日本建築における構造の本質とは
……山田憲明 × 大松俊紀 × 福島加津也

合理と非合理を超える柱を求めて 文=大松俊紀

※その他の特集については、WEB住宅建築に掲載されています。

住宅建築 2014年 10月号 [雑誌]
B00MH40B1K


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact