中村竜治建築設計事務所によるダンボールを使用したISSEY MIYAKEのためのインスタレーション「ダンボールの家」

( )

Photo at random

中村竜治建築設計事務所によるダンボールを使用したISSEY MIYAKEのためのインスタレーション「ダンボールの家」

architecture, fashion, feature

nakamusama-issei-00

中村竜治建築設計事務所が設計したダンボールを使用した「132 5.ISSEY MIYAKE」の「GRID WOOL」のためのインスタレーション「ダンボールの家」です。2014年10月31日まで、東京と大阪の店舗で見る事ができます。(詳細は最下部の情報を参照ください。)

この立体(もしくは平面)は、実際の服に使われたパターンを5.5倍に大きくし、自由に形が変えられるよう制作されている。不安定な構造だが、ある形になるとバランスを保ち、自立する。

※以下の写真はクリックで拡大します

nakamusama-issei-01

nakamusama-issei-02

nakamusama-issei-03

nakamusama-issei-04

nakamusama-issei-05

nakamusama-issei-06

nakamusama-issei-07

nakamusama-issei-08

nakamusama-issei-09

nakamusama-issei-10

nakamusama-issei-11

nakamusama-issei-12

nakamusama-issei-13

nakamusama-issei-15

以下、建築家によるテキストです。

**********

直角三角形のパターンから構成され、六角形に折り畳むことができる132 5. ISSEY MIYAKEの「GRID WOOL」。折り紙から出発したというこの服は、着ることで、身体の曲線と服の構造線が出会い、予想外の新たなシルエットが生まれる。平面から立体への変化。三角形から生まれる思いがけない形。その魅力を伝えるため、この立体(もしくは平面)は、実際の服に使われたパターンを5.5倍に大きくし、自由に形が変えられるよう制作されている。不安定な構造だが、ある形になるとバランスを保ち、自立する。自立する形を探すのはとても発見的な体験であるが、この服を着る瞬間もきっと同じなのだろう。小さな折り紙から出発し、服となり、より大きな空間への可能性を私たちに思わせてくれる。

■建築概要
タイトル:ダンボールの家
用途  :「132 5.ISSEY MIYAKE」の「GRID WOOL」のためのインスタレーション
会場  :ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE / GINZA、東京都中央区銀座4-4-5 1階
     ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE / SEMBA、大阪市中央区南船場4-11-28 1階 
期間  :2014年10月2日(木)〜2014年10月31日(金)11:00〜20:00
主催  :ISSEY MIYAKE INC.
設計  :中村竜治建築設計事務所
製作  :タカムラ産業
サイズ :銀座 - 展開時:6600×2540×6、折り畳み時:2540×2540×50、立体時:約3000×3000×2200
     船場 - 展開時:6350×4400×6、折り畳み時:2540×2540×50、立体時:約3000×3000×2200
素材  :ダンボール(シングル)


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact