門間香奈子+古川晋也 / モカアーキテクツによる奈良の住宅「houseAA」

( )

Photo at random

門間香奈子+古川晋也 / モカアーキテクツによる奈良の住宅「houseAA」

architecture, feature

moca-aa01
all photos(C)中村絵/中村絵写真事務所

門間香奈子+古川晋也 / モカアーキテクツが設計した奈良の住宅「houseAA」です。

建蔽率が40%、容積率が60%で最大64m2しか取れないという条件のなか、敷地の残りの60%を屋根の延長下に納めてみる。そんな住宅である。

※以下の写真はクリックで拡大します

moca-aa02

moca-aa03

moca-aa04

moca-aa05

moca-aa06

moca-aa07

moca-aa08

moca-aa09

moca-aa10

moca-aa11

moca-aa12

moca-aa13

moca-aa14

moca-aa15

moca-aa16

moca-aa17

moca-aa18

moca-aa19

moca-aa20

以下、建築家によるテキストです。

***********

奈良市内の住宅地に建つ、夫婦と子供一人が住む住宅である。
建蔽率が40%、容積率が60%で最大64m2しか取れないという条件のなか、敷地の残りの60%を屋根の延長下に納めてみる。そんな住宅である。
全体は1階の個室ボリューム群と、その上に掛けられた大屋根という構成となっており、その個室と大屋根とのスキマは「過剰な軒下」とでも言うべきものとなった。
この「過剰な軒下」によって、外部と2階リビングが大屋根に沿って立体的に繋がるとともに外部だが内部的な質を持った懐の深い空間が生まれ、それがこの建築を特徴づけている。
斜めに繋がるという特殊な開放感と、大屋根の下で得られる程よい閉鎖感、安心感も併せ持った住宅となった。

■建築概要
houseAA
所在地 :奈良県奈良市
主要用途:専用住宅
家族構成:夫婦+子供1人
設計:門間香奈子+古川晋也/モカアーキテクツ
構造:上田学
施工:株式会社世古工務店
規模:
地上2階建/木造在来軸組構造
敷地面積107㎡  延床面積 64㎡
竣工:2013年


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact