三井嶺建築設計事務所による、既存の意匠を継承しつつ、装飾性も備えた鋳鉄製門型フレームで耐震補強も行っている「日本橋旧テーラー堀屋改修」

( )

Photo at random

三井嶺建築設計事務所による、既存の意匠を継承しつつ、装飾性も備えた鋳鉄製門型フレームで耐震補強も行っている「日本橋旧テーラー堀屋改修」

architecture, feature

0000-Nihonbashi_JSouteyrat
竣工写真:(c)Jérémie SOUTEYRAT その他の写真:三井嶺建築設計事務所

三井嶺建築設計事務所が設計した、既存の意匠を継承しつつ、装飾性も備えた鋳鉄製門型フレームで耐震補強も行っている「日本橋旧テーラー堀屋改修」です。

今も日本橋に残る「看板建築」の原状回復および耐震改修の計画である。
施主の要望はシンプルで、看板建築の姿を保つこと、耐震補強を行うことの2点であった。

※以下の写真はクリックで拡大します

2644-Nihonbashi_JSouteyrat

2716-Nihonbashi_JSouteyrat

2740-Nihonbashi_JSouteyrat

2748-Nihonbashi_JSouteyrat

2878-Nihonbashi_JSouteyrat

2889-Nihonbashi_JSouteyrat

2903-Nihonbashi_JSouteyrat

2933-Nihonbashi_JSouteyrat

2934-Nihonbashi_JSouteyrat

2948-Nihonbashi_JSouteyrat

2974-Nihonbashi_JSouteyrat

2986-Nihonbashi_JSouteyrat

3076-Nihonbashi_JSouteyrat

3100-Nihonbashi_JSouteyrat-2500px

3129-Nihonbashi_JSouteyrat

3157-Nihonbashi_JSouteyrat

3168-Nihonbashi_JSouteyrat

3179-Nihonbashi_JSouteyrat

3263-Nihonbashi_JSouteyrat

3308-Nihonbashi_JSouteyrat

3314-Nihonbashi_JSouteyrat

3323-Nihonbashi_JSouteyrat

3336-Nihonbashi_JSouteyrat

3345-Nihonbashi_JSouteyrat

3615-Nihonbashi_JSouteyrat

3637-Nihonbashi_JSouteyrat

9576-Nihonbashi_JSouteyrat

9578-Nihonbashi_JSouteyrat-2500px

9901-Nihonbashi-old-google
改修前

9902-Nihonbashi-old-back-02-(Medium)
改修前

9903NHB_isometric_ENG

9904NHB_detail_s10_ENG

9905NHB_plan_s100_ENG

9906NHB_sec_s80_ENG

9907NHB_step1-8_ENG

9908NHB_step9_ENG

 
■ダクタイル鋳鉄製の門型フレームの設置風景

9909ReiMitsui_NHB_castflame

9910ReiMitsui_NHB_castfram_0427-rev

9911ReiMitsui_NHB_castframe_001

9912ReiMitsui_NHB_castframe_002

9913ReiMitsui_NHB_castframe_003

9914ReiMitsui_NHB_castframe_004

9915ReiMitsui_NHB_castframe_005

9916ReiMitsui_NHB_castframe_006

9917ReiMitsui_NHB_castframe_007

以下、建築家によるテキストです。

**********

今も日本橋に残る「看板建築」の原状回復および耐震改修の計画である。
施主の要望はシンプルで、看板建築の姿を保つこと、耐震補強を行うことの2点であった。
昭和2年築、関東大震災の後に建てられた既存建物は90年近い時を経て老朽化が著しく、相談を受け一見した際は解体しかないと思えたが、なんとかして残したいという施主の要望は強く、曳屋の技術をもって揚屋を行い基礎・土台を一新することにした。
店舗部分である1階には、間口方向の耐力要素は無いといってよい状態であった。一般的な耐震補強では、1階は壁だらけになってしまい、間口いっぱいの開口をもつ原状の姿を保つことは困難である。
 そこで、ダクタイル鋳鉄製の門型フレームを用いることで、間口方向の”抜け”を損なうことなく耐震補強を行うこととした。 既存の木造軸組の質感・スケールにあわせるには、ぴかぴかで無骨なラーメンフレームではなく、荒々しくも柔らかな質感をもつ鋳造による装飾的なフレームがふさわしいと考えた。鋳造であるため応力に合わせた自由な造形が可能であり、構造的にも無駄のない計画となっている。
 3Dパラメトリックツールを活用した構造計算により極限まで細くしているため、鋳物でありながら重々しさはなく、軽やかでありながら薄っぺらではない、「ざらっとした透明感」とでも表現すべき、今までに味わったことのない空間が出来上がったと考えている。
 上階の住居スペースは、一般的な耐震補強を施し、特徴的な小屋組を活かしたセオリーどおりのリノベーションを行った。

■建築概要
作品名:日本橋旧テーラー堀屋改修
設計:三井嶺建築設計事務所
所在地:東京都中央区日本橋本町
英文作品名 Renovation of "Kanban-Style" building, Nihombashi
architects:英文事務所名 REI MITSUI ARCHITECTS
設計:建築 三井嶺建築設計事務所
   構造 江村哲哉
   3Dパラメトリックプログラミング 大野友資(Domino Architects)
敷地面積:330m2
建築面積:66.5m2
延床面積:170.4m2
階数:地上2階+小屋裏
用途:テナント、住宅
構造:木造 一部ダクタイル鋳鉄による耐震補強
工期:2015年8月〜2016年2月
写真クレジット:photo by Jérémie SOUTEYRAT


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact