松本光索による、東京・八王子の、アートギャラリー・工房・オフィスからなる複合施設のオフィス部分のリノベーション「鏡のある窓」

( )

Photo at random

松本光索による、東京・八王子の、アートギャラリー・工房・オフィスからなる複合施設のオフィス部分のリノベーション「鏡のある窓」

architecture, feature

_OMP000
all photos(C)表恒匡

松本光索による、東京・八王子の、アートギャラリー・工房・オフィスからなる複合施設のオフィス部分のリノベーション「鏡のある窓」です。

入り口に立つとまず目に入ってくる2m×2.5mの大きな既存の窓は、当初、ただ殺風景な隣家に対して開いていて、この大きな窓をどのように扱うかが新たな空間の性格を決めることは明確であった。
外に開くべき対象のない窓の活かし方ついて考えた時、いっその事この窓を新たに作られる内部空間に対して開くことができないかというアイデアに至った。そこで、窓先の小さな土間部分に窓と同じ高さの2mの鏡を、塀全体を覆うようにして設置した。
鏡には窓を通した内部空間だけではなく、隣家に面した外壁や周辺の環境など、普段は見ることのなかった建築の表情が様々な角度から映り込み、空間に新たな視線の行き先や奥行き感を生み出す。

※以下の写真はクリックで拡大します

_OMP7061

_OMP7074

_OMP7077

_OMP7086

_OMP7124

_OMP7129-

_OMP7137-

_OMP7151-

_OMP7160

_OMP7218-re

_OMP7291

_OMP7297

_OMP7363

_OMP7364-plan

以下、建築家によるテキストです。

***********

鏡のある窓

現代アートのギャラリー、工房、オフィスからなる複合施設のオフィス部分リノベーション。本プロジェクトは3ヶ月間にわたる現場での滞在設計、施工により完成した。
入り口に立つとまず目に入ってくる2m×2.5mの大きな既存の窓は、当初、ただ殺風景な隣家に対して開いていて、この大きな窓をどのように扱うかが新たな空間の性格を決めることは明確であった。
外に開くべき対象のない窓の活かし方ついて考えた時、いっその事この窓を新たに作られる内部空間に対して開くことができないかというアイデアに至った。そこで、窓先の小さな土間部分に窓と同じ高さの2mの鏡を、塀全体を覆うようにして設置した。
鏡には窓を通した内部空間だけではなく、隣家に面した外壁や周辺の環境など、普段は見ることのなかった建築の表情が様々な角度から映り込み、空間に新たな視線の行き先や奥行き感を生み出す。また、引き違いであった既存窓を取り外して再利用し、引き戸を室内側に新たに設けることで、開放時には、大きな開口によって土間と内部空間が一体化する。
大きな窓と、鏡が持つ反射の効果によってインテリアとエクステリアの関係を混在させ、建築空間に新しい視線や開放性を持ち込むことを試みた。

■建築概要
所在地:東京都八王子市
延床面積:30㎡
設計、施工期間:2017年3月?2017年5月
設計:松本光索
施工:松本光索、桶屋
施工協力:濵田崇裕、Hachiji Inc.
写真:表恒匡


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact