塩塚隆生アトリエによる”海と庭”

( )

Photo at random

塩塚隆生アトリエによる”海と庭”

architecture, feature

seaside_00.jpg
(C)矢野紀行 (Nacasa & Partners Inc.,)

塩塚隆生アトリエによる別荘"海と庭"です。


seaside_01.jpg
seaside_02.jpg
seaside_03.jpg
seaside_04.jpg
seaside_05.jpg
seaside_06.jpg
seaside_07.jpg
seaside_09.jpg
seaside_10.jpg
seaside_11.jpg
seaside_12.jpg
seaside_13.jpg
seaside_14.jpg
seaside_15.jpg
seaside_16.jpg
seaside_17.jpg
seaside_18.jpg
seaside_19.jpg
seaside_21.jpg
seaside_22.jpg
seaside_23.jpg
seaside_24.jpg
seaside_25.jpg
seaside_26.jpg
seaside_28.jpg
seaside_30.jpg
seaside_31.jpg
(C)矢野紀行 (Nacasa & Partners Inc.,)
seaside_axome02.gif
seaside_axome01.gif
seaside_drawing.gif
以下、建築家によるコンセプト文です。
*********
敷地は海に対して奥行きを持ち、2M程の高低差で海に向かって傾斜している。建物は、海に向かって末広がりのくさび形の平面形状で敷地のほぼ中央にを配置した。
 1階は海とは切り離された、庭を楽しむための場所として計画した。半地下の空間は、庭に面する部分を全て開口とすることで、地盤の傾斜がそのまま開口部の形になって現れている。白い砂利を敷き詰めた外構は、塀に囲まれた効果と合わせてひと続きのインテリアとして考えた。居る場所によってまた移動する際に、地盤面との関係が変化する。
 2階は、海からの引きを建物内部で多様に体験できるようにした。建物の長手方向の両端部を開口させ、室内の間仕切り壁をガラスで設えた。海のロケーションとその反対側のロケーションが見通せ、どの場所にいても海を見たり感じたりできる。遮蔽が必要なガラスには、透明・不透明を瞬時に切り替えることが可能な液晶シートを挟み込み、海とのつながりが損なわれないようにした。
 庭を楽しむ1階と、海を楽しむ2階に明確に分けて、相互を行き来することで別荘としての非日常の時間が過ごせるようにした。
□建物概要
工事名称:海と庭
完  成:2008年8月
用  途:別荘
敷地面積:562.76㎡
延床面積:203.70㎡
規  模:地上2階建
構  造:鉄筋コンクリート造 一部プレストレスコンクリート造


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact