東京藝術大学建築科 元倉研究室+金田研究室による”2009 MACHI-YATAI project「茶茶茶」”

( )

Photo at random

東京藝術大学建築科 元倉研究室+金田研究室による”2009 MACHI-YATAI project「茶茶茶」”

architecture, feature

geidai-an001.jpg

東京藝術大学建築科 元倉研究室+金田研究室による"2009 MACHI-YATAI project「茶茶茶」"です。台東区の初音の森、吉田屋酒店、玉林寺路地に仮説の茶室をつくり、イベントなどが企画運営されています。ここでは、作られた三つの茶室とイベントを紹介します。
この茶室を見ることができるのは2009年11月1日まで。(※浮々庵は台風の影響で、27日現在復旧作業中。31日に復旧したとのこと。)イベントとしては2009年10月31日(土)15:30~16:30に五十嵐淳らによるトークショウなどが企画されています。


「浮々庵」
初音の森に白くて柔らかく、軽い屋根を浮かべます。雲がふわっと降りてきたかのように、ユラユラと揺れながらも、確かに存在しています。普段のあそびの場所に不思議な居場所をつくります。(台風の影響で、27日現在復旧作業中です31日に復旧したとの事。)
geidai-an002.jpg
geidai-an003.jpg
geidai-an004.jpg
「引戸庵」
谷中の町から建具を持ってきます。
それまで部屋を間仕切るための建具が、お茶を飲む一連の動作を演出するための建具へと変身します。
geidai-an005.jpg
geidai-an006.jpg
geidai-an007.jpg
geidai-an008.jpg
「響庵」
玉林寺の長い路地を味わう茶事の場を仕立てます。
客人はある一点に留まり、もてなす主人が動くことで場が変化します。
水の音、茶の香り、風の声、樹の光一音を聴き、茶を利く仕掛けが風景の揺れる速度を換えます。
geidai-an009.jpg
geidai-an010.jpg
geidai-an011.jpg
以下、企画されているイベントです。
**********
○音を聴き、茶を利く (お茶会と雅楽の演奏)
日時:10月30日(金)15:00~16:00
場所:玉林寺路地
ゲスト:東京曹洞韶音会
○建築の「軽さ」について (喫茶と座談会)
日時:10月31日(土)15:30~16:30
場所:初音の森
ゲスト:橋本純(JA編集長)、五十嵐淳(建築家)、
金田充弘(東京藝術大学建築科准教授)
○おととり (踊り)
・日時:11月1日(日)12:00~12:30
・場所:旧吉田屋酒店
・ゲスト:田中文久(音)×大西健太郎(踊り)
○Hide And Seek (ダンスパフォーマンス)
日時:11月1日(日)16:00~16:30
場所:旧吉田屋酒店
ゲスト:酒井幸菜(ダンサー)、佐藤公哉(音楽家)


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact