トラフ建築設計事務所による”インハビタント ストア トーキョー”

( )

Photo at random

トラフ建築設計事務所による”インハビタント ストア トーキョー”

architecture, feature

inhb_01.jpg

inhb_02.jpg
photo(C)Daici Ano

トラフ建築設計事務所が設計した原宿の"インハビタント ストア トーキョー"です。




inhb_05.jpg
inhb_06.jpg
inhb_07.jpg
inhb_08.jpg
inhb_09.jpg
inhb_10.jpg
inhb_14.jpg
photo(C)Daici Ano
trafu-plan001.gif
以下、建築家によるテキストです。
**********
「ハプニングを誘発する相互関係」
原宿キャットストリートにオープンした「INHABITANT STORE TOKYO」は、ライフスタイルスポーツブランドINHABITANTの旗艦店である。INHABITANTの自由で遊び心のある、現代的な日本の感覚を体現できるよう「遊び」と「和」をキーワードに、裏原宿の路上に迷い込んだかのような、「偶発性」を生み出す空間を考えた。
吹抜けを介した1、2階が売場で、各階平面の対角線上に長いプレートが横断する。それに寄り添うように、または適度に距離をおきながら、フィッティングルームやカウンターなどを配している。売場の1階では長いプレートが出迎え、商品のディスプレイ台、テーブル、イベント時のステージなどさまざまに機能する。そのプレートの端をステップに、壁から突き出している階段で2階に上がると、同じく空間の対角に渡された長いプレートが頭上でゲートのように客を迎え入れる。2階のプレートはハンガー什器として機能し、また上部の間接照明によって、天井面に雲のように広がる亀甲紋を演出している。この2種類ある亀甲紋はアーティストの野老朝雄によるもので、どの1辺を合わせても繋がる特徴を持つ。それが店内の床・壁・天井・柱を侵食するように全方位に展開している。
小規模の店舗や住居が雑多に集まる裏原宿特有の周囲環境と連続させるため、小さなエレメントの集合により、それらが相互関係を築きながら全体ができているような空間を目指した。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact