河田将吾一級建築士事務所による「西蒲田の長屋」

( )

Photo at random

河田将吾一級建築士事務所による「西蒲田の長屋」

architecture, feature

nishikamada-12.jpg

河田将吾一級建築士事務所が設計した「西蒲田の長屋」です。


nishikamada-01.jpg
nishikamada-02.jpg
nishikamada-03.jpg
nishikamada-04.jpg
nishikamada-05.jpg
nishikamada-06.jpg
nishikamada-07.jpg
nishikamada-08.jpg
nishikamada-09.jpg
nishikamada-10.jpg
nishikamada-11.jpg
nishikamada-13.jpg
nishikamada-14.jpg
nishikamada-15.jpg
nishikamada-16.jpg
nishikamada-17.jpg
nishikamada-18.jpg
nishikamada-19.jpg
nishikamada-20.jpg
nishikamada-21.jpg
nishikamada-22.jpg
nishikamada-23.jpg
nishikamada-24.jpg
nishikamada-25.jpg
nishikamada-26.jpg
nishikamada-27.jpg
nishikamada-28.jpg
nishikamada-29.jpg
nishikamada-30.jpg
nishikamada-31.jpg
nishikamada-32.jpg
nishikamada-33.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
西蒲田の長屋
この度、東京都蒲田に設計したアパート「西蒲田の長屋」は、5つの住戸による単身者用の集合住宅で、それぞれの部屋の入口が道路に面する長屋形式の建物です。
各住戸は、ワンルームマンションのスペース(約22平米)を機能別に4分割し、玄関、サニタリー、ベッドルーム、キッチンの順にスキップフロア形式で積層したつくりとなっています。
屋上には個々の住戸から直接アクセスすることができるデッキがあり、住人たちの共有スペースとして機能します。
住戸と住戸を仕切る壁にはガラスブロックの界窓を設置し、照明光の明滅に隣人の気配を感じたり、出窓の外側に設けた植栽スペースに仕切りをなくし、各住戸の植物が浸食しあったりと、住人同士のゆるやかなつながりが生まれる仕掛けを随所に施しました。
さまざまな社会環境の変化に伴い、現在、家族という集合単位とは異なる新たな関係性による集合体が必要となっているように思います。
隣人の雰囲気がそれとなく伝わり、ゆるやかにつながっている状況―既存の共同住宅における個々の関係性でもなく、あるいはシェアハウスのようなとても近しい状態でもない、個が個として独立しながら共同体として存在する状況―を目指し、住居を起点とした新しい関係性の構築を提案します。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact