キューボデザイン建築計画設計事務所による神奈川県大磯町の住宅「cnest」

( )

Photo at random

キューボデザイン建築計画設計事務所による神奈川県大磯町の住宅「cnest」

architecture, feature

cnest_1
photo(C)上田 宏

キューボデザイン建築計画設計事務所が設計した神奈川県大磯町の住宅「cnest」です。

cnest_2
photo(C)上田 宏

cnest_3
photo(C)上田 宏

cnest_4
photo(C)上田 宏

cnest_5
photo(C)サカタ ヤスノ

cnest_6
photo(C)サカタ ヤスノ

cnest_7
photo(C)サカタ ヤスノ

cnest_8
photo(C)サカタ ヤスノ

以下、建築家によるテキストです。

**********

最大高低差14M、最大傾斜度約70度の斜面を持つ、絶壁とも言える敷地での計画である。水平線を臨む眺望と、緑豊かな自然がこの敷地の最大の魅力であり、その魅力を最大限享受できる住宅はどうあるべきかを考え計画した。敷地に初めて立った時に、風景の美しさと並んで特徴的だったのは、元々敷地に自生していた林立するケヤキとモミジの大木である。この大木を伐採せずに、溶け込むように建築と一つの風景を作るように計画できないかと考えた。その場で直感的に生まれたイメージは、この大木に釣り下がる、鋭利な三角屋根の浮遊する巣箱である。だが、地面のないところに巣箱を浮かせる方法は容易ではなく、様々な検討が行われた。結果、RCの塊を地面に埋め込み、その塊に引っ掛けるように巣箱を固定する方法とした。空中に浮いている巣箱を支える4×13Mの平面を持つキャンチはRCのスラブと細い鉄骨の枝に拠って支えられている。
また、空間内部に差し込む自然光の入れ方は、太陽光の純度を体感すると共に、光の対極にある陰の美しさを強調する状態としている。強い光を印象的に入れように壁を配し、光をトリミングし操作することによって視覚化される陰翳のグラデーションは、網膜の収縮と共に日本古来の“影”の部分に対する美意識を思い起こすことが出来る。

■建築概要
神奈川県 大磯町
敷地面積:337.89㎡
建築面積:110.03㎡
延床面積:146.88㎡
構造設計:なわけんジム 名和研二
施工:㈱長野工務店
期間:2010.11~2013.9


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact