長坂常 / スキーマ建築計画による東京・銀座の店舗「EN ROUTE GINZA」

( )

Photo at random

長坂常 / スキーマ建築計画による東京・銀座の店舗「EN ROUTE GINZA」

architecture, feature

18_140917_0203_01
all photos(C)Kenta Hasegawa

長坂常 / スキーマ建築計画が設計した東京・銀座の店舗「EN ROUTE GINZA」です。EN ROUTE GINZAは、ユナイテッドアローズが運営するファッションとスポーツをテーマとしたショップです。ロッカーやシャワールームなどの設備を備えたランニングステーションもプログラムに組み込まれています。(詳細はこちらにレポートが)

少し高い6mの天井のあるスペースに、すこし大きな家具を作ってみた。そこにはフィッティングルームとハンガーラックとストックが一緒に盛り込まれる。そして、そのちょっと大きな家具はFRP単管と木箱、そしてスチールフレーム、つまり工事現場で使用されるようなインダストリアルな素材で構成される。

※以下の写真はクリックで拡大します

01_140918_0316_01

02_140917_0789

03_140917_0221

04_140917_0155

05_140918_0344

06_140917_0182

07_140917_0065

08_140918_0657

09_140918_0688

10_140917_0075

11_140918_0623

12_140918_0295

13_140918_0276

14_140917_0160

15_140917_0168

16_140918_0443

17_140918_0496

19_140918_0678

20_140917_0129

21_140918_0597

22_140918_0638

以下、建築家によるテキストです。

***********

EN ROUTE GINZA
ちょっと大きな家具

少し高い6mの天井のあるスペースに、すこし大きな家具を作ってみた。そこにはフィッティングルームとハンガーラックとストックが一緒に盛り込まれる。そして、そのちょっと大きな家具はFRP単管と木箱、そしてスチールフレーム、つまり工事現場で使用されるようなインダストリアルな素材で構成される。

このちょっと大きな家具の入るお店はen route という、united arrowsの新ブランドとして、スポーツとファッション、そしてカルチャーを融合させることを目的とした新業態ブランドの一号店となる。この中の施設に洋服屋の機能はもちろん、ランニングステーションの機能も併設され、en routeのブランドコミュニティ形成に寄与する。また、そのコミュニティの形成に限らず、そのランニングステーションは約3.7mにも及ぶ既存のスキップフロアを活き活きとつなぐ「動き」の活力となり、その「動き」はこのお店の大事なデザインマテリアルとなる。

■建築概要
設計:長坂 常/スキーマ建築計画
担当:高塚 直樹
所在地:東京都中央区銀座3丁目10-6
主用途:物販店
施工:丹青社
デザイン協力: 八木保(サイン)、PARTY(コミュニケーションデザイン)
階数:1-2F
床面積: 1F :155.15㎡ 2F:197.0㎡
竣工:2014年9月
写真: 長谷川 健太


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact