岸本貴信 / CONTAINER DESIGNによる兵庫県高砂市の住宅「プラットホーム」

( )

Photo at random

岸本貴信 / CONTAINER DESIGNによる兵庫県高砂市の住宅「プラットホーム」

architecture, feature

PH_004
all photos(C)冨田英次

岸本貴信 / CONTAINER DESIGNが設計した兵庫県高砂市の住宅「プラットホーム」です。

敷地は兵庫県高砂市、現地を見に行くとそこには電車の車両が置かれていた。
聞くとクライアントが子供の頃から置かれており、地域住民の憩いの場として開放されていたと言う。当初、この電車は撤去し広く敷地を使い新築する予定であった。
車両の中を拝見させていただくと、新聞記事のスクラップに感謝状などこの電車が地域に貢献し住民から親しまれていたことが伝わってきた。
そこで、このまま撤去するよりも新しく次はこの家族のために残すことを提案する事にした。

※以下の写真はクリックで拡大します

PH_001

PH_002

PH_003

PH_005

PH_006

PH_007

PH_008

PH_009

PH_010

PH_011

PH_012

PH_013

以下、建築家によるテキストです。

***********

敷地は兵庫県高砂市、現地を見に行くとそこには電車の車両が置かれていた。
聞くとクライアントが子供の頃から置かれており、地域住民の憩いの場として開放されていたと言う。当初、この電車は撤去し広く敷地を使い新築する予定であった。
車両の中を拝見させていただくと、新聞記事のスクラップに感謝状などこの電車が地域に貢献し住民から親しまれていたことが伝わってきた。
そこで、このまま撤去するよりも新しく次はこの家族のために残すことを提案する事にした。
まさにそれは今にも動き出しそうな、横に新しく建つ家は駅のプラットホームを彷彿させるイメージで金属質の屋根と壁を強調し片持ちの片流れの屋根とした。
電車のフロアレベルに合わせた犬走は基礎コンクリートを立ち上げ片持ちスラブに。
そこは要望にあった暖炉の薪置き場と通路を兼用し電車と繋がる事を考えた。
車両に面した北側は全面開口とし暮らしに電車を密接させた、またそれは一日中安定した明るさを供給してくれる。
電車にプラットホーム、暮らしとはかけ離れたツールではあるがここではそれが新しい住まいのカタチとして暮らしに密接したものとなっている。
(岸本貴信)

■建築概要
建築地  :兵庫県高砂市
用途   :住宅
構造・規模:木造平屋建て
敷地面積 :236.56 m2
建築面積 : 86.77 m2
延べ床面積: 74.93 m2
1階床面積 : 69.97 m2
ロフト : 4.96 m2
外壁   :ガルバリウム鋼鈑
屋根   :ガルバリウム鋼鈑
内部床  :杉板
内部壁  :針葉樹合板・しっくい塗
内部天井 :針葉樹合板(梁現し)
浴室   :FRP防水(在来)・タイル貼
キッチン :造作キッチン


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact