id+fr / 伊庭野大輔+藤井亮介による、東京の店舗「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」

( )

Photo at random

id+fr / 伊庭野大輔+藤井亮介による、東京の店舗「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」

architecture, feature

sarutahiko_sengawa_id+fr_00

sarutahiko_sengawa_id+fr_01
all photos(C)yohei ogata

id+fr / 伊庭野大輔+藤井亮介が設計した、東京の店舗「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」です。

スペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」の二号店の内装設計.

2階建ての全面ガラス張りの建物を活かすため,
1階にはドリップ台やエスプレッソマシンなどを一列に並べ,
2階エントランス側には大きな焙煎機を配置することで,
懸命に働く姿が建物の表情となることを意図している.

※以下の写真はクリックで拡大します

sarutahiko_sengawa_id+fr_03

sarutahiko_sengawa_id+fr_04

sarutahiko_sengawa_id+fr_05

sarutahiko_sengawa_id+fr_06

sarutahiko_sengawa_id+fr_07

sarutahiko_sengawa_id+fr_08

sarutahiko_sengawa_id+fr_09

sarutahiko_sengawa_id+fr_10

以下、建築家によるテキストです。

***********

スペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」の二号店の内装設計.

2階建ての全面ガラス張りの建物を活かすため,
1階にはドリップ台やエスプレッソマシンなどを一列に並べ,
2階エントランス側には大きな焙煎機を配置することで,
懸命に働く姿が建物の表情となることを意図している.

また、外からの日差しや客席への視線を遮るために,
高さ3.6 mの木製のパネルを製作し,窓面全体にストライプ状に配置している.
パネルは横に自由にスライドできる仕組みとしており,
外部環境の変化に対応し、内部空間をより良い環境に更新していくことができる.
これらにより,生き生きと働く姿が見える店舗としての表情と
快適な環境の中でくつろげる心地よさの両方を同時に獲得することを目指している.

■建築概要
猿田彦珈琲 アトリエ仙川
設計:id+fr / 伊庭野大輔+藤井亮介
用途:珈琲店舗+焙煎所
場所:仙川 東京
竣工:2015年1月
延床面積:197.03m2


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact