藤村龍至と、まちづくり手法で注目を集める嶋田洋平のトークセッション『なぜ私は「建築」をやらないか? 「建築」をやるか?』の動画。司会は倉方俊輔。

( )

Photo at random

藤村龍至と、まちづくり手法で注目を集める嶋田洋平のトークセッション『なぜ私は「建築」をやらないか? 「建築」をやるか?』の動画。司会は倉方俊輔。

architecture, feature, movie

藤村龍至と、まちづくり手法で注目を集める嶋田洋平のトークセッション『なぜ私は「建築」をやらないか? 「建築」をやるか?』の動画です。司会は倉方俊輔が務めました。
嶋田はみかんぐみ出身の建築家です。地方の中心市街地の衰退にたいし、自身もリスクを取りながら、経済性を成り立たせ地道に改善していく手法で、一般メディアや行政からも注目されています。その手法は、地域住民、地元不動産オーナーと直に向き合い話し合い、共にプロジェクトを立ち上げていくというもの。今回のイベントは、その嶋田と、藤村が対談するという事で、注目を集めていました。

新刊『ぼくらのリノベーションまちづくり』が好評の嶋田洋平と、『批判的工学主義の建­築』で知られる藤村龍至が初顔合わせ。まち・暮らし・社会の再生、そして建築の未来を­語る。

物議をかもす2人の建築家が、初めて顔を突き合わせます。従来の「建築家」の枠を超え­るかのように動き、語り、巻き込んで、着々と自らの領域を拡大してきた藤村龍至。それ­に対して、さらに思わぬルートから急速に名前を聞くようになってきた嶋田洋平の全貌は­、このたび、初の単著『ぼくらのリノベーションまちづくり ほしい暮らしは自分でつくる』で明らかにされました。その発刊を記念して、初の対談が­実現しました。

同じ1976年生まれ。成熟期・人口減少期における地域の新たな再生手法の提示と実践­をリードするなど、2人に共通点は多いですが、安易に融和することはないでしょう。そ­んな性格と取り組みを間近で見てきた建築史家・倉方俊輔が行司を務めます。

リノベーションスクールをベースに北九州市、東京・豊島区などで活動する嶋田洋平、東­洋大学ソーシャルデザインスタジオをベースに埼玉・鶴ケ島市、さいたま市、川越市など­で活動する藤村龍至。それぞれのまちや建築に対するアプローチの相違と共通点、今後の­可能性などを議論します。

ほしい暮らしは自分でつくる ぼくらのリノベーションまちづくり
嶋田洋平
4822200426

批判的工学主義の建築:ソーシャル・アーキテクチャをめざして
藤村 龍至
4757160623


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact