山﨑健太郎デザインワークショップ / 山﨑健太郎による、佐賀の「さやのもとクリニック」

( )

Photo at random

山﨑健太郎デザインワークショップ / 山﨑健太郎による、佐賀の「さやのもとクリニック」

architecture, feature

sayanomoto00
all photos(C)黒住直臣

山﨑健太郎デザインワークショップ / 山﨑健太郎が設計した、佐賀の「さやのもとクリニック」です。この作品は公益社団法人日本インテリアデザイナー協会主催のJID AWARD 2015にて部門賞+ゲスト審査委員賞に選出されています。

佐賀市にある認知症を主とした心療内科の診療所の計画である。このクリニックでは、患者とその家族が病気とつきあっていくための「学び」の場所として、待合いスペースを設えた。

※以下の写真はクリックで拡大します

sayanomoto01

sayanomoto02

sayanomoto03

sayanomoto04

sayanomoto05

sayanomoto06

sayanomoto07

sayanomoto08

sayanomoto10

sayanomoto11

sayanomoto12

sayanomoto13

以下、建築家によるテキストです。

************

佐賀市にある認知症を主とした心療内科の診療所の計画である。このクリニックでは、患者とその家族が病気とつきあっていくための「学び」の場所として、待合いスペースを設えた。認知症を扱う場合に、患者本人とドクターの関わり合いでは不十分であり、必然的に家族も病気とつきあっていかなければならない。認知症は特殊なケースかもしれないが、家族も含めた関わり合いは高齢者医療の本質のようにも思う。

ここでの「学び」とは、直接的に病気やケアに役に立つ事が得られることではなく、ここを訪れる人に対して、病気と向き合うための小さなきっかけづくりである。
かつては里山や畦道でふつうに見られた、地域に自生する在来植物を植栽した庭園や「読む」というより「見て感じる」ための写真集や絵本が愉しげに陳列された30mある本棚によって、クリニックの待合いスペースを構成している。 付き添いで訪れる家族にとっても居場所になるようなクリニックは、「学ぶ」ことによって医療従事者と患者、その家族を結ぶ場となることを目指している。

■建築概要
プロジェクト名称:さやのもとクリニック
設計者:山﨑健太郎デザインワークショップ / 山﨑健太郎
所在地:佐賀県佐賀市
敷地面積:691.52 m2
延床面積:308.58 m2
プログラム:診療所
構造:RC造(壁式)
階数:平屋
施工期間:2014年1月~2014年10月
ブックディレクション:BACH / 幅 允孝
構造設計:ASD / 田畠 隆志、田畑 孝幸
設備設計:EOS plus / 遠藤 和広
ランドスケープデザイン:稲田 多喜夫
グラフィックデザイン:musubime / カワセ タケヒロ
撮影:黒住 直臣


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact