ピークスタジオによる、神奈川・川崎の共同住宅の一住戸の改修「SHEEP HOUSE」

( )

Photo at random

ピークスタジオによる、神奈川・川崎の共同住宅の一住戸の改修「SHEEP HOUSE」

architecture, feature

腰壁で区切られた部屋の中心   photo©ピークスタジオ

ピークスタジオ一級建築士事務所による、神奈川・川崎の共同住宅の一住戸の改修「SHEEP HOUSE」です。

賃貸マンションの一住戸を子育て世帯向けに改修したプロジェクトである。
解体前のプランは高度成長期につくられたファミリータイプの3DK。面積に対して個室が多く、またその個室は外周部に配置されるため、家族の中心となるダイニングキッチンがとても暗かった。
現代の生活スタイルというものは、機能にあわせて多くの個室が1室1対応である必要はなく、多用途に用いられる場所が望まれる。また、子育て世帯に求められることは、子どもの安全が第一、そして、大人も安心して生活できることだ。子どものために全てを犠牲するのではなく、ある程度の距離感を保ちながら、少しでも快適に、楽しく子育てができないものかと考えた。

既存の間取りは極力残し、天井まである間仕切り壁を腰の高さにまで切り下げた。ファミリータイプの3DKがかつて描いた夢の再構築として、シンプルな手法を試みたかった。

死角をなくして、部屋をつくる。
それぞれが独立していた個室は、腰壁によって、場所を与えられながらも、視線・風・光・匂いを共有することで、水平方向へゆるく繋がった。

驚くほど明るくなったキッチンで料理をしながら、子どもが遊んでいるのが感じられる。
キッズリビングと名付けたその場所は、子どもが自由に過ごせる(放牧できる)場所であり、母親と一緒に寝られる場所であり、家族のリビングでもある。

これは、家族の関係性を捉え直すひとつの試みである。

※以下の写真はクリックで拡大します

キッズリビング photo©ピークスタジオ

主寝室 photo©ピークスタジオ

腰壁の笠木 天端はR加工を施した。物を置いたり、絵を飾ったり、子供が遊んだりできる仕掛けである。 photo©ピークスタジオ

■建築概要
題名:SHEEP HOUSE
所在地:神奈川県川崎市
主要用途:共同住宅の一住戸(改修)
床面積: 56㎡
構造:RC造7階建の5階
設計監理:ピークスタジオ一級建築士事務所
笠木造作:小林 友和
写真:ピークスタジオ一級建築士事務所


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact