西澤俊理 / NISHIZAWAARCHITECTSによる、ベトナム・ホーチミン市のレストラン・オフィス「Restaurant Of Shade」

( )

Photo at random

西澤俊理 / NISHIZAWAARCHITECTSによる、ベトナム・ホーチミン市のレストラン・オフィス「Restaurant Of Shade」

architecture, feature

photo©大木宏行

西澤俊理 / NISHIZAWAARCHITECTSが設計した、ベトナム・ホーチミン市のレストラン・オフィス「Restaurant Of Shade」です。

熱帯の国々では、直射光の威力は想像以上に大きい。光は抽象的な存在である前に、風や雨のように物理的なインパクトをもって知覚される。それは例えば、晴れた日に街を行き交う人々の多くがコートを羽織っていることからも想像できるかも知れない。街を見渡せば駐輪場、路上のカフェ、植木屋さん、幼稚園や小学校の園庭に至るまで、日陰を作りだす為の半遮光シートで溢れている。このように日陰を作り出すことは、私達が雨の日に傘をさしたり、レインコートを着たりするのと同じくらい、ここでは自然な所作なのだ。半遮光シートは本来は農業用で、蘭などの陰性植物や観葉植物、接ぎ木や苗木などを育てる目的で開発されたプラスチック製の素材だが、1ロール (2.5m x 100m) あたり100ドル弱というコストメリットが高じて、熱帯地域の人々の生活のあらゆる場面に進出している。今回私達は、日常的に使用されているこの半透明な素材と、それが作り出す光や影によって、新しい南国の建築/環境を定義できないだろうかと考えた。

※以下の写真はクリックで拡大します

photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

朝方のテラス。 半遮光シートはその足もとに繊細な影を落とす。 photo©大木宏行

太陽観察用の黒色のガラスにインスピレーションを得て、敷地全体を黒色のスクリーンで覆う。これは熱帯の空のグレアを可視領域まで緩和する、大きな天窓でもある。 photo©大木宏行

半遮光シートは本来は農業用に開発されたプラスチック製の素材だが、非常に安価なため、熱帯地域の人々の生活のあらゆる場面に進出している。 photo©大木宏行

photo©大木宏行

赤道直下の地域で室内に大きなトップライトを取ることは、リスクを伴う。今回は、樹木、熱反射シート、オーニング、半遮光シートの4層のスクリーンで熱量を調整している。 photo©大木宏行

大きな陰の中で、人間と植物、室内と屋外、建物内装と都市の風景とがないまぜになった、熱帯らしい自由な環境を目指した。 photo©大木宏行

大きな一枚の半遮光シートの下で、たくさんの植物が媒介となって、室内や庭、テラスといったスペースを繋いでいく。 photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

設計段階では、レストランという特定の機能を想定して設計するのではなく、あくまで南国らしい自由で寛容な場所を目指した。 photo©大木宏行

熱帯での一般的なセオリーに従い、出来るだけ直射光を和らげ、自然通風を取り入れる。 photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

路地や都市の風景が半遮光シート上に現像され、室内の立面に映し出される。 photo©大木宏行

photo©大木宏行

夜間には室内の植物群が、建物立面にとっての図像として浮かび上がる。 photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

photo©大木宏行

既存建物の小屋組などの要素は、この新たな半透明の屋根/天井の上側(外側)に帰属し、都市の風景の一部として半遮光シート上に現像される。 photo©大木宏行

半遮光シートは、時間帯や天候によってその表情を変える。 photo©大木宏行

以下、建築家によるテキストです。

**********

熱帯の国々では、直射光の威力は想像以上に大きい。光は抽象的な存在である前に、風や雨のように物理的なインパクトをもって知覚される。それは例えば、晴れた日に街を行き交う人々の多くがコートを羽織っていることからも想像できるかも知れない。街を見渡せば駐輪場、路上のカフェ、植木屋さん、幼稚園や小学校の園庭に至るまで、日陰を作りだす為の半遮光シートで溢れている。このように日陰を作り出すことは、私達が雨の日に傘をさしたり、レインコートを着たりするのと同じくらい、ここでは自然な所作なのだ。半遮光シートは本来は農業用で、蘭などの陰性植物や観葉植物、接ぎ木や苗木などを育てる目的で開発されたプラスチック製の素材だが、1ロール (2.5m x 100m) あたり100ドル弱というコストメリットが高じて、熱帯地域の人々の生活のあらゆる場面に進出している。今回私達は、日常的に使用されているこの半透明な素材と、それが作り出す光や影によって、新しい南国の建築/環境を定義できないだろうかと考えた。

敷地はホーチミンの中心部、四周に中高層ビルが建ち並ぶ1街区の中央付近で、大通りから奥へと続く路地の底に位置する。比較的近年に建てられた既存建物の2階テラスに立つと、周囲のフレンチ・ヴィラの屋根や樹木が目の前に広がり、その少し先を樹齢100年以上の巨大な街路樹や7~10階建ての商業ビル、25~30階建ての高層ホテルが不規則に取り囲む。このエリアの都市グリッドは一辺120m程度で、商業化できずに取り残された立体的な都市の空隙が頭上にぽっかりと広がるさまは、建築の一部でありながら都市のスケールにも接続する『屋上』のような開放感や寛容さを生み出している。そしてこれもまた、ホーチミン中心部の都市の裏側として、ここで暮らす人々にとっては日常的な風景である。

この副次的に生成された都市の余白の一端に、プロジェクトの敷地や建物を位置づけるため、敷地全体を農業用の半遮光シートで覆う。この半透明で黒色のスクリーンは、その足もとに繊細な影を落とすと同時に、上空のグレアを可視領域まで緩和する天窓でもある。既存建物の小屋組や庭木の樹冠部などの要素は、この新たな半透明の屋根/天井の上側(外側)に帰属し、近隣のヴィラや商業ビルと同じように、都市の風景の一部として半遮光シート上に現像される。また屋根/天井の下側(内側)では室内・テラス・庭を含む敷地全体が木陰の中にすっぽりと納まり、沢山の観葉植物がレストランの家具群と等価に配置される。大きな陰の中で、人間と植物、室内と屋外、建物内装と都市の風景とがないまぜになった、熱帯らしい自由な環境を目指した。

■建築概要
Project名:Restaurant Of Shade
所在地:ベトナム、ホーチミン市中心部
用途:レストラン、オフィス
階数:地上2階(一部3階)
構造:1階/レンガ組石造+鉄骨補強、2階/鉄骨造、小屋組/木造
敷地面積:690 m2
建築面積:675 m2
述床面積:1375 m2
施工:Trung Long Company, Toan Dinh Company
竣工年:2018年3月
写真撮影:大木宏行


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact