【ap job 更新】 表参道と軽井沢の二拠点で別荘建築を中心に活動する「CREAdesign」が、建築士・設計スタッフ(新卒・中途)・インターンを募集中

ap job 【ap job 更新】 表参道と軽井沢の二拠点で別荘建築を中心に活動する「CREAdesign」が、建築士・設計スタッフ(新卒・中途)・インターンを募集中

【ap job 更新】 表参道と軽井沢の二拠点で別荘建築を中心に活動する「CREAdesign」が、建築士・設計スタッフ(新卒・中途)・インターンを募集中
【ap job 更新】 表参道と軽井沢の二拠点で別荘建築を中心に活動する「CREAdesign」が、建築士・設計スタッフ(新卒・中途)・インターンを募集中

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

表参道と軽井沢の二拠点で別荘建築を中心に活動する「CREAdesign」の、建築士・設計スタッフ(新卒・中途)・インターン募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

軽井沢の別荘建築「都会暮らし、森暮らし。morinoie」を運営するCREAdesign(株式会社クレア)は、表参道atelierと軽井沢atelierを拠点に、土地の選定、設計監理、施工管理までを一貫して行う建築事務所です。
1994年に設立した私たちの事務所は、ビジネスの利便性や文化的な刺激にあふれる都会の利点を享受しながら、自然の豊かさも暮らしに組み入れる「都会暮らし、森暮らし」という新しい休日文化を広めていきたいと思い、木造の別荘を中心とする建築を手がけています。

■「いい建築士は、いい建築を知っている」
そのためには、感性と知性を養うプライベートな時間を、十分にとってもらいたいと考えています。読書を通して、偉大な建築家の考え方を知る。自然や美術に触れて、美しいデザインを学ぶ。家族との時間から、仕事に対するより一層の充実感を得る。
そして、知識と人生経験を豊富にもつ建て主たちが望むのは、まさに、そんな「仕事と暮らしのバランス」を知る建築士なのです。パソコンの前に向かうことは、仕事ではありません。形式や既存の価値観に捉われず、一人の建築士として五感を育む時間を、私たちは大切にしています。

私たちの建築設計は、都会の真ん中で仕事や子育てを頑張る人たち、さらには頑張り抜いた人たちのための、「穏やかで豊かな人生」の提案とも言えます。
建築が大好きなあなたにとっても、都会と森の中で建て主の喜びを想像する時間が、「穏やかで豊かな人生」を送る糧になることを望んでいます。
実務経験者、新卒・中途の方も募集しています。まずは一度、気軽にご連絡ください。

軽井沢の建築をつくってきた観てきた私たちと、夢のある建築の話をしませんか。
弊社HPから、「私たちの考え方」や「PORTFOLIO」をご覧いただけます。
http://i-morinoie.com

アルヴァ・アアルトの建築展「もうひとつの自然」が神奈川県立近代美術館 葉山で開催

4,252.94 アルヴァ・アアルトの建築展「もうひとつの自然」が神奈川県立近代美術館 葉山で開催

日程

アルヴァ・アアルトの建築展「もうひとつの自然」が神奈川県立近代美術館 葉山で開催されます(PDF)

アルヴァ・アアルトの建築展「もうひとつの自然」が神奈川県立近代美術館 葉山で開催されます。開催日は2018年9月15日~11月25日。

今年で生誕120年となる建築家アルヴァ・アアルト(1898-1976)は、モダニズムに自然の要素を取り入れ、人々の暮らしをより良くする建築や家具デザインなどを追求しました。彼のパイミオのサナトリウム(1933)やマイレア邸(1939)は建築における有機的な形態と素材の優れた相互作用を体現し、《アームチェア41パイミオ》(1932)や《スツール60》(1933)は近代家具の展開に画期的な役割を果たしました。そして、ガラス器《サヴォイ・ベース》(1936)は、フィンランド・デザインのシンボルになっています。アアルトの有機的な形態は、フィンランドの自然や風景から生まれたという従来の見方に加えて、本展では同時代の芸術家たちとの対話も重要であったという新しい視点を提示します。ヴィトラ・デザイン・ミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館が企画した本展は、2014年9月にドイツのヴァイル・アム・ラインにあるヴィトラ・デザイン・ミュージアムで始まり、スペインのバルセロナ、マドリード、デンマークのオールボー、フィンランドのヘルシンキ、フランスのパリで開催されてきた国際巡回展です。日本では約20年ぶりとなる本格的なアアルトの回顧展であり、オリジナルの図面や家具、照明器具、ガラス器、建築模型など約300点で、フィンランドでもっとも著名なこの建築家の生涯と作品を辿ります。

奥野崇建築設計事務所による、愛媛・松山の住宅「ピアノ教室のある家」

3,083.17 奥野崇建築設計事務所による、愛媛・松山の住宅「ピアノ教室のある家」

奥野崇建築設計事務所による、愛媛・松山の住宅「ピアノ教室のある家」 photo©藤村泰一

奥野崇建築設計事務所が設計した、愛媛・松山の住宅「ピアノ教室のある家」です。

ピアノ教室のある、愛犬と暮らすシニア世代のための住まい
 忙しく勤めてこられた仕事をひと段落させ、家族や愛犬とゆっくりと過ごせる平屋の家を求められた。また、奥様が運営するピアノ教室と住居部分をいかにして共存させながら、それぞれの独立性を保つかがテーマとなった。
 
 ゆとりある敷地のなかで、最も環境の良い場所にリビングを設ける。大きく開け放てる開口部によって、内外を一体的に利用できる気持ち良い空間。リビングの北側には遠隔操作できるハイサイドライトによって気持ちの良い風が通り抜ける。
 奥様の動線の中心にキッチンを配置し、料理や家事・レッスンと使いやすいように。玄関から取次に続いて、キッチンやピアノ教室、リビングと来客用の和室へと行き来できるコンパクトさは、とても重要な点である。また、教室側には専用の入り口を計画し、生徒の入れ替わりや、送迎の保護者の方の待合としても利用することができる。
 
 自らの仕事を勤め上げた建主さん。込めた工夫や動線整理は、大切な家族や愛犬と暮らすこれからの生活の中に、安心できる余裕をつくるためであったように思う。

建築士の活動に特化した、A3図面・ファイルを収納する『difott アーキテクツバッグ®「A3フラット・トート」』が発売中

1,201.44 建築士の活動に特化した、A3図面・ファイルを収納する『difott アーキテクツバッグ®「A3フラット・トート」』が発売中

建築士の活動に特化した、A3図面・ファイルを収納する『difott アーキテクツバッグ®「A3フラット・トート」』が発売中

 
建築士の活動に特化した、A3図面・ファイルを収納する『difott アーキテクツバッグ®「A3フラット・トート」』が発売です

建築士の活動に特化した、A3図面・ファイルを収納する『difott アーキテクツバッグ®「A3フラット・トート」』がアーキテクチャーフォトブックスにて発売です。

皆さんは、どんなバッグにプレゼンや打ち合わせ用の図面・ファイルを入れて持ち運んでいますか?

difottデザイナーが様々な建築士・建築家にリサーチしたところ、適切なサイズのバッグがなく「丈夫な紙袋」「メーカの名前入りサンプルバッグ」「建材メーカのノベルティバッグ」等に入れて持ち運んでいることが多い、ということがわかりました。

そのような状況を踏まえたうえで、建築士のために考案されたプロダクトが、この『アーキテクツ・バッグ「A3フラット トート」』です。
A3サイズ関連のアイテムを収納し、持ち歩くための”道具”としてのプロダクトです。

シンプルなデザインで持つ人のイメージUPにも貢献してくれること、軽く丈夫で機能性が高いこと、買いやすい価格で事務所で長く愛用でき、買い替えも可能であること。

このように設計事務所のことを非常に良く考えて作られたのがこのプロダクトなのです(ちなみにdifottのデザイナーは建築を学び、設計実務の経験もあります)。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。