Archipelontwerpersによるオランダ・ハーグの複合ビル”The Gown”
OMA/AMOと世界自然保護基金による再生可能エネルギーに関するレポート

0.00 OMA/AMOと世界自然保護基金による再生可能エネルギーに関するレポート

OMA/AMOと世界自然保護基金による再生可能エネルギーに関するレポートがWWFのサイトにあります

OMA/AMOと世界自然保護基金による再生可能エネルギーに関するレポート”The Energy Reprt – 100% renewable energy by 2050″がWWFのウェブサイトにあります。 (via dezain.net)

TOTO通信、最新号(2011年春号) オンライン版 特集”設計の手がかり”ピーター・ズントーによるモザイク保護のためのシェルターの模型写真

0.00 ピーター・ズントーによるモザイク保護のためのシェルターの模型写真

ピーター・ズントーによるモザイク保護のためのシェルターの模型写真などがBDonlineに掲載されています

ピーター・ズントーが設計しているパレスチナのヒシャーム宮殿のモザイク保護のためのシェルターの模型写真などが6枚、BDonlineに掲載されています。無料の会員登録で画像を見ることができます。

book『平田晃久|建築とは〈からまりしろ〉をつくることである』
サムネイル:book『平田晃久|建築とは〈からまりしろ〉をつくることである』

0.00 book『平田晃久|建築とは〈からまりしろ〉をつくることである』

書籍『平田晃久|建築とは〈からまりしろ〉をつくることである』がamazonで発売されています

書籍『平田晃久|建築とは〈からまりしろ〉をつくることである』がamazonで発売されています。出版社のウェブサイトに書籍の概要が掲載されています。

近代社会の際限のない成長志向の正当性が疑問に付されるとき、わたしたちは建築の実現を支えた〈個人─国家─国際社会〉という同心円的な広がりの「外部」を発見しなくてはならない。それは「歴史」や「文化」から建築を考えるだけでなく、「文明」あるいは「生態系」として、生命の営みに寄り添う「建築」を思考することから始まる。
本書ではいま最も注目される若手建築家・平田晃久が、抽象的「空間」を求めるありようを超え、「文明」や「生態系」と「建築」のあるべき関係を考え、それを実態化していく。建築をつくることを条件づけている思考の枠組みを捉え返し、これからの建築が進む方向を示すスリリングな一冊。

平田晃久|建築とは〈からまりしろ〉をつくることである (現代建築家コンセプト・シリーズ)
平田晃久 メディア・デザイン研究所
4872751663

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。