永石貴義建築設計事務所による”市川の住宅”

( )

Photo at random

永石貴義建築設計事務所による”市川の住宅”

architecture, feature

ichikawa-exterior_01.jpg

ichikawa-interior_01.jpg
photo(C)DAICI ANO

永石貴義建築設計事務所が設計した千葉県市川市の住宅"市川の住宅"です。


ichikawa-exterior_02.jpg
ichikawa-exterior_03.jpg
ichikawa-interior_02.jpg
ichikawa-interior_03.jpg
ichikawa-interior_04.jpg
ichikawa-interior_06.jpg
ichikawa-interior_07.jpg
ichikawa-interior_08.jpg
ichikawa-interior_09.jpg
ichikawa-interior_10.jpg
ichikawa-interior_11.jpg
photo(C)DAICI ANO
sketch.jpg
PLAN.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
東京近郊に建つ、夫婦と幼い子供の3人のための住宅である。
敷地の南側に広がる畑の大らかさを引き寄せるように、1階を天井の高いがらんとしたリビングとし、隣家の階高より半層ずれた高さとなる2階に各寝室や書斎、浴室などの諸室を配した。求められた各室の独立性により、部屋と廊下によるnLDKの構成をベースとしているが、そのあり方やつながりを少し変えている。目標としては、階段-廊下-部屋-収納というようなツリー状の関係をゆがめることで、つながらない場所につながるかのように、この小さな住宅に広がりを与えることであった。結果として、それぞれ空間上の特性を残したまま、新たに機能が上書きされている。すなわち、ステンレス張りのトップライトのような吹き抜け、 穴によって分断され階段ともつながらない廊下のような部屋、壁面収納の中に広がる洗面室兼廊下、収納から入ってドアから廊下(のような書斎)に出る寝室、丸い穴がぽっかりとあいたウォークインクローゼットのような光庭、など。丸い穴の下に広がる床下空間は、天井と床の反転した特別な場所とした。日常的な住宅のシーンのようでありながらどこか異なる空間が、その前後の脈絡は希薄になりながら、静かに隣り合っている。
■建築概要
名称;市川の住宅
所在地;千葉県市川市
用途;専用住宅
構造;在来木材
規模;地上2階
敷地面積;79.34㎡
建築面積;35.47㎡
延床面積;69.31㎡
竣工;2009年8月
設計;永石貴義建築設計事務所
構造設計;空間工学研究所
施工;山長建設工務


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact