小川文象/FUTURE STUDIOによる”Hiroshima Park Restroom -Absolute Arrows-“

( )

Photo at random

小川文象/FUTURE STUDIOによる”Hiroshima Park Restroom -Absolute Arrows-“

architecture, feature

pr05.jpg
photo(C)矢野紀行/Nacasa&Partners

小川文象/FUTURE STUDIOが設計した広島市の街区公園に設置されるレストルーム"Hiroshima Park Restroom -Absolute Arrows-"です。毎年5-7個づつ公園の整備に合わせて設置されていくとのこと。


Concept-image.jpg
pr01.jpg
pr02.jpg
pr03.jpg
pr04.jpg
pr06.jpg
pr07.jpg
pr08.jpg
pr09.jpg
pr10.jpg
pr11.jpg
pr12.jpg
pr13.jpg
pr14.jpg
pr15.jpg
photo(C)矢野紀行/Nacasa&Partners
以下、建築家によるテキストです。
**********
Hiroshima Park Restroom -Absolute Arrows-
2009-, Hiroshima, JAPAN
コンペで採用された広島市の街区公園に設置するレストルームの計画である。約10㎡の小さな建築空間であるが、この計画が市の標準デザインとして、整備する公園トイレに毎年5~7箇所ずつ量産されていくという、ユニークな公共プロジェクトである。この計画においてまず私は、「都市」に何を埋め込むかを考えた。そして一つの公園のトイレをデザインするのではなく、"多数"をデザインすることを強く意識し、都市の中のインフラとして、総体としての意味を付与すべきであると考えるに至った。
私が着目したのは、"人間と都市のインタラクション"である。地球上には重力という絶対的な軸が存在し、水平/垂直という軸は保証されている。その原理原則のもとに、私達のすむ地球上の世界は成立してきた。一方、都市を鳥瞰してみるとどうか。都市において平面的な絶対軸は存在しない。私たちは建物や道路など、都市に散りばめられたオブジェクトを記号として認識し、相対的に空間を認識し、日々の生活を成立させているのである。本計画は、真北を指す屋根をもつ公共のトイレを通して、地球上において不可視な平面絶対軸である方位を、都市のインフラ建築に埋め込むことで可視化し、都市の中に絶対的な基軸をつくることを目的としている。
ここで意図しているものは、必ずしも広島という都市に限定されるものではない。世界のどこの都市でも適用できる普遍的なプロジェクトである。国際平和都市広島において、世界の目は歴史的悲劇を経験した都市の特殊性に注がれる。そのような状況の下、広島という都市が、特異なローカリティを越える価値を見出し、世界に先駆けて新しい"スタンダード"を追求していくことが、未来の広島を拓くと考えている。
このプロジェクトは、量産を前提としており、北を向けた上で、どんな公園のどんな場所にも設置可能とする必要があった。そのため、出入口を2方向に設け、東西二つの出入口の内、どちらがメインとなっても対応できるように、反転可能なプランとした。
このレストルームの機能上の必要スペースは、1.5mの円が内接できる多目的トイレ、和式トイレブース、小便器、洗面器、有効1.2mの通路であった。これらを効率的に配し、出来るだけ少ない床面積で、感覚的に広い空間とするために、南北の壁を斜めに傾けている。また、北向きの屋根をアイレベルから見ることが出来るように、南側は低く、北側は高く、屋根を傾けている。
またバリエーションとして、3つのプランを設計した。広島市内の約8割の街区公園には基本プラン(Aタイプ)を設置することが出来るが、法律で定められている公園の建ぺい率2%に適合させる為には、小さな公園用に小さなプランを設計する必要があった。それが、Aタイプから和式ブースを除いたBタイプと多目的トイレのみのCタイプである。
構造は壁式RC造、屋根も現場打ちRCで、鋭角部のエッジにステンレスの金物を定規にして打ち込んでいる。屋根仕上げはFRP防水の上、フッ素樹脂トップコートとし、公園ごとに異なる色を屋根につけることが出来るようにしている。外壁の仕上げには、防汚性能の高い光触媒コーティング材を採用した。
屋根の中心には南北にスリット状のトップライトが貫き、内外に北向きのラインをつくり出している。夜になると、都市の中に北向きのラインが浮かび上がる。また、東西壁面には丸い換気口とアクリル採光窓、南面にはアクリル採光窓が散りばめられ、内部空間の環境を調える役割を担う。朝は東側の丸窓から、昼は上部のスリット状のトップライトから、また夕方は西側の丸窓から、と一日の中で多様に空間が変化していく。この原理は日時計の原理と同じであり、光の方向によって、おおよその時間を推測できるようになっている。
日本人の古き良き感覚を失いつつある現代の子供たちに、地球上の方角の感覚を認識させ、光の移り変わりを意識させる。遊具のようなトイレでもあり、教育の上でも貢献するトイレであってほしい。この建築のもつ強固なメッセージ性と、街区公園の子供達にも親しみやすい存在の仕方と空間を、ともに両立させる公共建築を目指している。
今回平成20年度繰り越し分として、第1弾となる5箇所が建設され、続いて平成21年度分の7箇所が2010年3月に完成する。以降毎年順次5ヶ所程度設置され、この絶対的な基軸をもつ公共建築は、広島市内に無数に埋め込まれていく。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact