小川晋一都市建築設計事務所による”WAREHOUSE”

( )

Photo at random

小川晋一都市建築設計事務所による”WAREHOUSE”

architecture, feature

yanosama-saijyo5534.jpg

yanosama-saijyo5538.jpg
photo(C)Toshiyuki Yano

小川晋一都市建築設計事務所が設計した広島の住宅"WAREHOUSE"です。


yanosama-saijyo5563.jpg
yanosama-saijyo5576.jpg
yanosama-saijyo5596.jpg
yanosama-saijyo5688.jpg
yanosama-saijyo5694.jpg
yanosama-saijyo5709.jpg
yanosama-saijyo5720.jpg
01-WAREHOUSE-site-for-WEB.jpg
03-WAREHOUSE-plan2Ffor-WEB.jpg
02-WAREHOUSE-plan1F-for-WEB.jpg
04-1-WAREHOUSE-elevation-fo.jpg
04-2-WAREHOUSE-elevation-fo.jpg
05-X-WAREHOUSE-section-for-.jpg
05-Y-WAREHOUSE-section-for-.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
この建物は、機能をもったファニチュアが挿入された大きなワンルーム空間の住宅である。敷地は広島県東広島市郊外にあり、周囲に広がる田園には低層の住宅が建ち並んでいる。高さ4.0m×幅8.0m×長さ21.5mのボリュームにフロストガラスで囲まれたコートが付属している。
内部構成は、大きなワンルーム空間にホール、リビング・ダイニング・キッチン、バスルーム、和室、スタディルーム、ベットルームがリニアに配置されている。この大きなワンルーム空間は、床のレベルを操作し、ファニチュアを連続的に配置することでそれぞれの空間に分節されている。ファニチュアは、上部を2階子供室の床とし、下部をプライベートスペースとして計画されている。ファニチュアの天板の高さを揃えることで大きな空間を感じながら視線を隠すことを可能としている。南側のコートは、全開できるガラス引き戸によってシームレスに内部とつながり、自然と一体となる空間をつくりあげている。
この住宅では大きなワンルーム空間を介して、住まう人すべての生活行為が行われ、自然の移り変わりが感じられる豊かな空間を実現している。
■建築概要
名称:WARE HOUSE
所在地:広島
主要用途:専用住宅
主体構造:鉄骨造
規模:2階
敷地面積:455.67平米(137.8坪) 
建築面積:174.08平米(52.6坪) 
延床面積:203.00平米 (61.4坪)


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact