“ファンタスマ: ケイト・ロードの標本室”展の会場写真

( )

Photo at random

“ファンタスマ: ケイト・ロードの標本室”展の会場写真

art, exhibition, feature

P1010705.jpg

東京大学総合研究博物館小石川分館で行われている、アーティスト、ケイト・ロードの展覧会"ファンタスマ: ケイト・ロードの標本室"の会場写真です。明治期の擬洋風建築である小石川分館の中に、ケイト・ロードによる標本室が作られると共に、小石川分館に常設展示されている学術標本の中にロードの作品がちりばめられ、現代と過去が混じり合うような展示が行われています。展覧会期は2010年12 月5 日まで。 ※詳しくは下部を参照ください。


P1010666.jpg
P1010677.jpg
P1010679.jpg
P1010709.jpg
P1010726.jpg
koishikawa-art.jpg
■展覧会概要
 本展は、東京大学総合研究博物館とのコラボレーションによって実現した、オーストラリアの現代アーティスト、ケイト・ロードの作品を日本で初めて展示する展覧会です。会場となる東京大学総合研究博物館小石川分館全体を使ったインスタレーションを制作します。
 ロードは、色鮮やかなフェイクファーや樹脂、フラワーペーパーなどを組み合わせて、動植物をモチーフとした彫刻作品や、バロックやロココ調の部屋やジオラマを思い起こさせるインスタレーションを制作する若手アーティストです。彼女が表現する「ありそうで、ない」動物や、自然物、空間は、ミュージアムの原型と言われる、珍奇なものを蒐集した驚異の部屋=ヴンダーカマー(Wunderkammer)本来の在り方を感じさせます。
 本展では、東京大学総合研究博物館小石川分館の「驚異の部屋」展(常設展)の中に、東京大学総合研究博物館が所蔵する学術標本と、それにインスピレーションを得て制作される、サイトスペシフィックなロードの新作の数々を織り混ぜたインスタレーションを展開します。明治期に旺盛した擬洋風建築(当時の大工が見よう見まねでつくった洋館風の建物)として国の重要文化財にも指定されている同館の中に、カラフルな小部屋「ケイト・ロードの標本室」が出現し、全体にもロードの小作品や学術標本が散りばめられることで、展示空間は歴史と現代が入り混じる重層した世界へと様変わりします。
 タイトルである"Fantasma" とは、「亡霊、幻影、幻想」を意味する"phantasm" に由来します。人工の素材のみを用いて造られるロードの作品と、学術標本が織りなすヴンダーカマー的コレクション、そしてそれらを包む擬洋風建築。いずれも異なる来歴や出自を持つこれらは、展覧会を通じて、あたかも昔からそうであったかのような、ひとつの世界観として私たちの前に立ち現れてくるでしょう。そうした世界観を作り出している(あるいは作り出しているように見える)のは、実在しない幻(phantasm)のような「ファンタジー(fantasy)」というフレーミングです。
 そもそも、「ヴンダーカマー」とは、近世の王侯貴族が、文字通り「wunder=wonder 不思議、驚異」の感覚に基づき、分野を隔てず様々な珍品を蒐集したコレクション陳列室です。そこでは、その他の珍しい品々と同じく、ドラゴンや人魚、ユニコーンの角といった架空の動物もコレクションの一部を飾っていました。それらは想像上の怪物であるにもかかわらず、生きた証拠かのような物理的な存在を持つことで、実在か架空かを超えたミクロコスモスを形成し、人々を魅了したのです。このような驚きや好奇心をくすぐるものを人々が求める衝動は、現代においてもなお、アートが担うべき側面のひとつではないでしょうか。この展覧会に訪れる一人ひとりが、見知らぬ何かに思いを馳せ、ある情景を想像するとき、目の前の作品たちの向こうには「あるかもしれない」世界が広がるでしょう。
■インターメディアテク(IMT)プレイベント
小石川分館特別展示『ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室』 
会期:2010 年11 月6 日(土) - 12 月5 日(日)
場所:東京大学総合研究博物館小石川分館
住所:東京都文京区白山3-7-1
開館時間:10:00 - 16:30
休館日:月曜日・火曜日(※ 11 月23 日[火・祝]は開館)
入場料:無料
アクセス:地下鉄丸の内線「茗荷谷駅」より徒歩8 分
※ MAP:http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/annex_map.html
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
展覧会HP: http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2010FANTASMA.html
主催:東京大学総合研究博物館
監修:西野嘉章(東京大学総合研究博物館館長)
企画:星野美代子、柴原聡子、橋場麻衣
企画協力:寺田鮎美、関岡裕之、上野恵理子
協力スタッフ:博物館工学ゼミ、小石川分館ヴォランティア
助成:The Australia Council for the Arts


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact