高木貴間+設計舎による秋田の住宅”HOUSE I”

( )

Photo at random

高木貴間+設計舎による秋田の住宅”HOUSE I”

architecture, feature

akita10174.jpg
photo(C)矢野紀行

高木貴間+設計舎が設計した秋田の住宅"HOUSE I"です。


akita10182.jpg
akita10188.jpg
akita10200.jpg
akita10204.jpg
akita10221.jpg
akita10227.jpg
akita10234.jpg
akita10258.jpg
akita10270.jpg
akita10278.jpg
akita10281_2.jpg
akita10292.jpg
akita10309.jpg
akita10336.jpg
akita10341.jpg
akita10350.jpg
akita10369.jpg
akita10381.jpg
akita-site.gif
akita-plan.gif
akita-ele-sec.gif
以下、建築家によるテキストです。
**********
秋田県に建てられた小住宅である。
敷地は都市機能が密集する秋田市中心部に位置する。中心部でありながらも敷地周辺は駐車場に囲まれるという特異な環境にある。常に四周が外からの視線にさらされている状況を考慮し、プライバシーを十分に確保する一方で、正面性の無いファサードを目指した。
プライバシー確保のために建物は<閉じる>のが望ましく、これは北国の室内環境を守るためにも有益である。しかし十分に閉じるということは閉鎖的な室内空間にもなりかねないので、閉じながらも外部への広がりを感じさせる空間創りはできないものだろうかと考えた。
まずは「水まわり」「寝室」「納戸」など閉じる必要のあるものをピックアップし、ボックス状の形を与えた。それらボックスの集積によって出来上がるヒダは大小様々な隙間の空間を作り出した。その入り組んだ隙間の空間は奥行きを作り出し、視覚の途切れた向こう側にも空間が続いていくような錯覚を起こさせた。さらにボックスに穿たれた開口は少しずつ重なり合い、視界のなかに性質の違う空間が合わせ鏡のように現れた。
「閉じる必要のある室=ボックス」「閉じる必要の無い室=ボックスの隙間」ということを糸口とした単純なルール構成によってこの建物を創ったが、それにより生じた空間は広がりを予感させる複雑な表情となった。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact