id+fr / 伊庭野大輔+藤井亮介によるインスタレーション「A Full-course Table」

( )

Photo at random

id+fr / 伊庭野大輔+藤井亮介によるインスタレーション「A Full-course Table」

architecture, design, feature

tdw_011.jpg

tdw_010.jpg

id+fr / 伊庭野大輔+藤井亮介によるインスタレーション「A Full-course Table」です。


tdw_001.jpg
tdw_002.jpg
tdw_003.jpg
tdw_004.jpg
tdw_005.jpg
tdw_006.jpg
tdw_007.jpg
tdw_008.jpg
tdw_009.jpg
tdw_012.jpg
TDW2011_drawings_01.gif
TDW2011_drawings_02.gif
TDW2011_drawings_03.gif
以下、建築家によるテキストです。
**********
"A Full-course Table"
無数の皿をつなぎ合わせて作られたテーブルに、食事の風景や様々な映像を投影するインスタレーション。「食べる」という直接的な行為ではなく、食の器から広がる新たな「食のかたち」を提案する。
中国では客人をもてなす際にテーブルいっぱいに食事を並べる風習がある。また西洋のフルコース料理においては皿の数がそのランクを示すように、お皿が多さは食の豊かさを示す指標ともいえる。ここでは無数のお皿だけでできたテーブルを、コンテナの形に合わせて西洋の長テーブルのようなフォルムで製作した。皿はなるべく隙間がないように配置し、皿同士がくっついた接点にのみフレームを入れていくことで、お皿の円をボロノイ領域としたときのドロネー三角形のような構造体となり、真上からはほとんどお皿しか見えないような構造としている。
また、お皿に実際に食事を載せるのではなく、お皿をスクリーンと見立てて、上から食事中の映像を投影することによって、食事の空間をここに再現しようと考えた。具体的には一度別の場所で食事会を行い、その準備から乾杯、ご飯を食べてすべて平らげるまでを上から動画で撮影をした。その時のお皿の配置を正確に再現し、プロジェクターでその動画を皿面の同じ位置に再度投影することで、まるで幽霊によって食事会が行われているかのような空間を作り出している。
"A Full-course Table" projects scenes of meals and other various images onto a table made from countless interconnected plates.
This installation proposes a new vision of "food" through plates.
設計:id+fr/伊庭野大輔+藤井亮介
DESIGN:id+fr / Daisuke IBANO + Ryosuke FUJII


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact