吉村靖孝の展覧会「吉村靖孝|Re:Public」が豊田市美術館で開催、講演会やシンポジウムなども[2013/2/6-2/17]

( )

Photo at random

吉村靖孝の展覧会「吉村靖孝|Re:Public」が豊田市美術館で開催、講演会やシンポジウムなども[2013/2/6-2/17]

architecture, exhibition

yoshimurasan-toyota.jpg

吉村靖孝の展覧会「吉村靖孝|Re:Public」が豊田市美術館で開催されます。開催期間は2013年2月6日~2月17日まで。講演会やシンポジウムなども行われます。

「Re:Public」は、公共性を意味する英語「Public」の前に、eメールの返信を示す「Re:」をつけた造語です。
公共性の回復、あるいは文字通り公共性に対する私なりの返信という意味を込めたつもりです。
立派な公共施設は私たち市民の優越感をくすぐりますが、縮退期の日本では利用率が上がらず維持費もかかるなど、公共性とは名ばかりの隘路にじわり追い詰められつつあります。
今回の展示では、そういった古い公共施設の殻を破り街へ出て、新しい公共空間を探し、育て、持続可能性を高めるためのレシピを集めました。
私がこれまでに設計した建物のほか、豊田市に対する提案も展示しています。
生まれ育った豊田市で、このような提案の機会をいただいたことに深く感謝するとともに、少しでも多くの方にご覧いただき、議論の種となることを期待してやみません。


***********
【吉村靖孝 | Re:Public展】
会期:2013年2月6日(水)-17日(日)
会場:豊田市美術館 市民ギャラリー
愛知県豊田市小坂本町8-5-1
開場時間:10:00-17:30
会期中無休
入場料:無料
【講演】
日時:2013年2月16日(土)10:30-12:00(開場10:00)
会場:豊田市美術館 講堂
豊田市小坂本町8-5-1
入場料:500円
【シンポジウム】
開催日時:2013年2月16日(土)13:30-16:30 (開場13:00)
会場:豊田市民文化会館 小ホール
豊田市小坂町12-100
入場料:500円
【お問い合わせ・チケット販売】
豊田文化フォーラム事務局
(豊田市役所東庁舎6階文化振興課内)
TEL:0565-34-6631
WEB:www.facebook.com/toyotabunka


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact