東京大学Digital Fabritcation Lab・大林組によるパビリオン「The University of Tokyo, Digital Fabrication Lab Pavilion 2013」

( )

Photo at random

東京大学Digital Fabritcation Lab・大林組によるパビリオン「The University of Tokyo, Digital Fabrication Lab Pavilion 2013」

architecture, feature

131203_dflp2013_107_s
photo(c)Hayato Wakabayashi

131203_dflp2013_109_s
photo(c)Hayato Wakabayashi

東京大学Digital Fabritcation Lab・大林組によるパビリオン「The University of Tokyo, Digital Fabrication Lab Pavilion 2013」です。

131203_dflp2013_110_s
photo(c)Hayato Wakabayashi

131203_dflp2013_100_s
photo(c)Hayato Wakabayashi

131203_dflp2013_102_s
photo(c)Hayato Wakabayashi

131203_dflp2013_032_s
図版:© 東京大学建築学専攻小渕研究室

131203_dflp2013_034_s
図版:© 東京大学建築学専攻小渕研究室

131203_dflp2013_051_s
図版:© 東京大学建築学専攻小渕研究室

131203_dflp2013_052_s
図版:© 東京大学建築学専攻小渕研究室

131203_dflp2013_053_s
図版:© 東京大学建築学専攻小渕研究室

131203_dflp2013_058_s
図版:© 東京大学建築学専攻小渕研究室

131203_dflp2013_059_s
図版:© 東京大学建築学専攻小渕研究室

131203_dflp2013_011_s
図版:© 東京大学建築学専攻小渕研究室

131203_dflp2013_012_s
図版:© 東京大学建築学専攻小渕研究室

131203_dflp2013_014_s
図版:© 東京大学建築学専攻小渕研究室

131203_dflp2013_015_s
図版:© 東京大学建築学専攻小渕研究室

以下、この作品に関するテキストです。

*********

本研究は、自由曲面のテンセグリティ構造を2次元からの立体化により安定化させる構法のケーススタディとして、2012年10月から2013年12月までに東京大学大学院建築学専攻小渕祐介研究室(以下、小渕研)、同佐藤淳研究室(以下、佐藤研)と株式会社大林組(以下、大林)との協働にて仮設パビリオンの設計、プロトタイプ製作を行い、その成果をまとめたものである。部材加工・制作にはAnS Studio・竹中司氏の協力を得た。
本研究のケーススタディにおいては、パビリオンの設計及び施工検討にあたって導入された諸情報技術によりもたらされる1.設計プロセス 2.施工方法 3.建築構造のそれぞれにおける革新性という観点から、本研究の成果と付随する問題点を検証し、その発展可能性を考察した。

背景および目的
20世紀初頭以来、現在に至るまで国際的な枠組みの中で確立されてきた近現代の建築生産システムは、2次元の図面の組み合わせによる指示を基本とする、直行系の座標を持ったモジュールに従い確立されてきた。
一方で、フライ・オットーが1982年の自著の中で「今日の目標は自然な建物と都市をつくることである―中略―人間とその技術が自然と不可分であるような状態を作り上げることである」と述べていることに顕著だが、自然の持つ合理性を取り込むことを目的とした3次元的な曲線・曲面を基調とした有機的な建築への取り組みは、1960年代以降徐々にその例を増やし、現代では90年代後半以降の情報技術の飛躍的革新の支えを得て、一定量の事例を蓄積するに至っている。
しかしながら、3次元的な曲面を構成する建築部材の生産システム及びその施工過程は、依然として非常に煩雑な生産過程や大量の仮設資材を必要とするケースや、膨大な図面による建築形状の指示に基づく職人の手作業等を必要とするケースも多く、特に経済的な観点から十分に合理的な生産過程や構法の確立には至っていないのが現状と言える。
本研究では、これらの問題意識に基づき、従来の建築生産システムにおける技術体系で十分に対応可能な2次元の情報で部材形状を定義し、かつ組み上げまでを平面上で行うことで煩雑な生産や仮設構造を回避しながら、簡易な施工過程のみにより3次元形状を生み出し、成果物としては有機的な曲面のもつ合理性を獲得することを目的とした。

■建築概要
The University of Tokyo, Digital Fabrication Lab Pavilion 2013
用途: パビリオン
竣工: 2013年11月24日
概略設計: 2012年10月〜2013年3月(東京大学修士設計スタジオ)
基本設計、実施設計、製作、施工: 2013年4月〜11月(大林組と共同)
設計:東京大学: 小渕祐介(准教授)、木内俊克、杉田宗、吉田博則(コースアシスタント) Christopher Sjoberg, Yeonsang Shin, Miguel Puig, Zhang Ye, Ana Luisa Soares, Ma Sushuang, Tong Shan, Andrea Trajkovska, Quangtuan Ta, Wei Wang, Anders Rod, Benjamin Berwick, Qiaomu Jin, Fawad Osman, Yanli Xiong, Andrea Bagniewski, Kevin Clement, Ornchuma Saraya, Minjie Xu(学生)
大林組: 山本朋生、三栖健一、小野原大、一居康夫、藤原圭祐、丹羽俊介、木村達治、江村勝、百野泰樹、岡本隆秀
構造設計: 佐藤淳(東京大学・准教授)
コンポーネント製作: 竹中司(AnS Studio)
施工: マルチビルダー
製作: 戸苅工業
規模: 9m×7m×4m(高さ)
主体構造: 自由曲面のテンセグリティ構造 (圧縮材:ステンレススティール板 0.5 mm / 0.8 mm / 1.2 mm / 1.5 mm厚、引張材:ステンレススティールワイヤーロープ 直径3mm、土台リング:ステンレススティールパイプ 直径48mm)
基礎: プレキャストコンクリートブロック
造り付ベンチ部: ラワン合板(ステイン塗装仕上げ)
重量: 1.5t(上部構造、土台リング合計), 1t (コンクリート基礎)
敷地: 東京大学本郷キャンパス工学部一号館前広場


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact