山本純子 / Yamamoto dEsign Studioによる群馬・前橋の住宅「House K」

( )

Photo at random

山本純子 / Yamamoto dEsign Studioによる群馬・前橋の住宅「House K」

architecture, feature

House-K_01

山本純子 / Yamamoto dEsign Studioが設計した群馬・前橋の住宅「House K」です。

※以下の写真はクリックで拡大します

House-K_02

House-K_03

House-K_04

House-K_05

House-K_06

House-K_07

House-K_08

House-K_09

House-K_10

House-K_11

House-K_12

House-K_13

House-K_14

House-K_15

House-K_16

House-K_17

House-K_18

House-K_19

House-K_20

House-K_21

House-K_22

House-K_23

House-K_24

House-K_25

House-K_26

以下、建築家によるテキストです。

**********

敷地に対して角度をなす細長い白い家。豊かな農地に囲まれた見晴らしのいい敷地に、4人家族のために建てられた住宅である。この地域は「上州空っ風」もしくは「赤城おろし」として知られる強風にさらされる土地であるため、広々とした土地に対して開放感を保ちながらも、強風や災害から守るということを意識した。
玄関の手前は高い吹き抜けの空間で囲まれ、天井近くのぽっかり開いた穴から光がもれる。南側は外壁が2枚重なりその間に細長いベランダを作っている。これら玄関手前の空間や細長いベランダは「空間の層」となり、地域特有の強風を和らげる屋外と屋内の間のバファーとなっている。また、これらの空間が照らされると、「光の層」となり、空間に厚みをもたせる。

内部空間は大きく北と南の二つに分け、北はスペースに余裕を持たせた収納と、脱衣所やトイレなどのサービスエリアを、南にはすべての居住空間をおいた。この二つのゾーンをわけるのが幅の狭い通路のような空間で、そこに敷かれた東西に伸びるガラス床によって強調される。
この透明の床によって上下の空間がつながっていく。また、北のゾーンを包む壁はロフト空間までのびたひとつながりの壁で、その連続する大きな白い壁がガラスを通して見えることによって、北のゾーンが別の建物のような、その脇にある狭い路地を歩いているような、そんな感覚になる。この「通路」にそって天窓が並び、北からの光がこの大きな白い壁を優しく照らす。

■建築概要
場所: 群馬県前橋市
竣工: 2014年
構造: 木造
敷地面積: 451.16 m2
建築面積: 68.80 m2
延べ床面積: 118.15 m2


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact