笠掛伸建築設計事務所による千葉県船橋市の既存建物を改修した「下総中山シェアハウス」

( )

Photo at random

笠掛伸建築設計事務所による千葉県船橋市の既存建物を改修した「下総中山シェアハウス」

architecture, feature

shimosou01
photo(C)山本育憲(竣工写真)

笠掛伸建築設計事務所が設計した千葉県船橋市の既存建物を改修した「下総中山シェアハウス」です。

計画地周辺には商店街が広がっており、周辺環境は道路幅員が2.0m~4.0m程度と都市のスケールとしては小さい密集地域である。
この都市のスケールの中で、高さ、間口、奥行きと都市のスケールの中では大きいこの建物を、都市のスケールを使いながら街との関係性をスムーズに繋げる事を考えた。

※以下の写真はクリックで拡大します

shimosou02

shimosou003

shimosou04

shimosou05

shimosou06

shimosou07

shimosou08

shimosou09

shimosou10

shimosou11

shimosou12

shimosou13

shimosou14

shimosou15

shimosou16

shimosou17

shimosou18

shimosou19

shimosou20

shimosou21

shimosou22

shimosou23

shimosou24

shimosou25

shimosou26

shimosou27

shimosou28

shimosou29

以下建築家によるテキストです。

**********

計画地周辺には商店街が広がっており、周辺環境は道路幅員が2.0m~4.0m程度と都市のスケールとしては小さい密集地域である。
この都市のスケールの中で、高さ、間口、奥行きと都市のスケールの中では大きいこの建物を、都市のスケールを使いながら街との関係性をスムーズに繋げる事を考えた。先ず、アプローチ部分は幅員6.0mと都市のスケールからすると大きく、都市との関係性を分断しているため、両脇に植栽を配置ずることで約3.0mの通路部分とし、都市のスケールを建物までの動線に引込み、都市との
関係性をスムーズに繋げながら、植栽が都市との緩衝地帯の役目も果たしている。ファサードデザインは、庇により建物ボリュームが水平分割されている既存の形状を強調することで、建物ボリュームを都市のスケールに近づけ、都市のスケールが小さいこの地域において建物自体が街に寄り添うデザインとしている。共用部分、専有部分は、仕上材に木等の自然素材を多様し、従来型のシェアハウスが無機質な内装仕上にしがちなのとは対照的に、多くの人がどこか懐かしさを感じるようなデザインとし、住まう人が心地よさを感じながら日々の生活をおくることができる快適な空間となればと思い設計した。

■建築概要
物件名:下総中山シェアハウス
設計・監理:笠掛伸建築設計事務所
施工:株式会社ダイニチ
家具:株式会社スタジオアナグラム
写真:山本 育憲(竣工写真)
敷地面積:830㎡
延床面積:1285㎡
規模:地上5階建
構造:RC造
戸数:45戸


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact