トラフ建築設計事務所による「イソップ 東京ミッドタウン店」

( )

Photo at random

トラフ建築設計事務所による「イソップ 東京ミッドタウン店」

architecture, design, feature

aesop_midtown_02_takumi_ota

aesop_midtown_01_takumi_ota
all photos(C)太田拓実

トラフ建築設計事務所が設計した「イソップ 東京ミッドタウン店」です。

オーストラリアのスキンケアブランド、イソップの東京ミッドタウン店の内装計画。幅3.8m、奥行き5.8m、天井高3.2mの小さな空間が計画地となった。

※以下の写真はクリックで拡大します

aesop_midtown_03_takumi_ota

aesop_midtown_04_takumi_ota

aesop_midtown_05_takumi_ota

aesop_midtown_06_takumi_ota

aesop_midtown_07_takumi_ota

以下、建築家によるテキストです。

**********

イソップ 東京ミッドタウン店

オーストラリアのスキンケアブランド、イソップの東京ミッドタウン店の内装計画。幅3.8m、奥行き5.8m、天井高3.2mの小さな空間が計画地となった。

今回は、科学的探究というイソップの商品開発の姿勢をもとに、旧来の実験室にみられる理化学的美観をインスピレーションに設計を行った。店舗の中央のステンレスのカウンターにはPOSとデモントレーションシンクが設けられている。特注の3つの球体ガラス容器は、天井からつながるコンサルテーションのための給水管とつながっており、イソップの製品を紹介するための優雅かつ親密な接客の舞台であるシンクを目立たせるよう配慮した。整然と製品が並べられた天井まで伸びるステンレスの棚は、高さ方向への広がりを際立たたせ、ランダムに配置されたダウンライトの明るさが科学的な空間を演出する。また、床面は砂利の洗い出しの特殊塗装床として、ステンレスの硬質な表情に対して、お互いを引き立て合う。

木など暖色の素材を基調としたミッドタウンの商空間に対するコントラストに配慮しながら、小さな空間でもイソップのブランドイメージが凝縮され、際立つデザインを目指した。

■建築概要
主要用途: 物販店舗
施工: アンドエス
クレジット: グラフィック:AESOP/照明:DAIKO
所在・会場: 東京 東京ミッドタウン
延床面積: 24.07m2
設計期間: 2014.12-2015.03
施工期間: 2015.02-03
ウェブサイト: http://www.aesop.com/


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact