間宮晨一千デザインスタジオによる、名古屋市の、築30年以上の木造住宅を美容院に改修した「美髪舎drop」

( )

Photo at random

間宮晨一千デザインスタジオによる、名古屋市の、築30年以上の木造住宅を美容院に改修した「美髪舎drop」

architecture, feature

msdsdrop00

msdsdrop01
all photos(C)杉浦文孝

間宮晨一千デザインスタジオによる、名古屋市の、築30年以上の木造住宅を美容院に改修した「美髪舎drop」です。

築30年以上の木造住宅を美容院に改修する計画。
敷地は交通量の多い道路に面しており、周囲から認識されやすい環境である。

はじめて建物を訪れたとき、そこには欄間、真壁の柱、天井仕上げ、床の間が、時間を経て力強く、そして美しく佇んでいた。
この設えを最大限に活かながら、そこに、クライアントが想い描いていた「一滴の雫から波紋のように広がっていくイメージ」をささやかに加えることで、既存空間の魅力を損なうことなく、新たな時を重ねていける豊かな空間を目指した。

※以下の写真はクリックで拡大します

msdsdrop02

msdsdrop03

msdsdrop05

msdsdrop06

msdsdrop07

msdsdrop08

msdsdrop09

msdsdrop10

msdsdrop11

msdsdrop12

msdsdrop13

msdsdrop14

msdsdrop15

msdsdrop16

msdsdrop17

msdsdrop18

msdsdrop19

msdsdrop20

以下、建築家によるテキストです。

***********

築30年以上の木造住宅を美容院に改修する計画。
敷地は交通量の多い道路に面しており、周囲から認識されやすい環境である。

はじめて建物を訪れたとき、そこには欄間、真壁の柱、天井仕上げ、床の間が、時間を経て力強く、そして美しく佇んでいた。
この設えを最大限に活かながら、そこに、クライアントが想い描いていた「一滴の雫から波紋のように広がっていくイメージ」をささやかに加えることで、既存空間の魅力を損なうことなく、新たな時を重ねていける豊かな空間を目指した。

エントランス、レセプション、スタイリングスペース、シャンプースペース、着付け室と連続感のある各スペースをL型に配置し、「曲面の壁」に沿って自然と奥に引き込まれるような空間とした。
また、カット台や、レセプションカウンターなどは、「可動家具」とすることで、大きな空間を多目的に使える空間となっている。
この「曲面の壁」「可動家具」を既存空間に加えるという最小限のデザインで、美容院として機能する空間が実現している。

内装以外にも、ロゴや印刷物、看板までトータルに提案し、店舗のブランディングまで関わった計画となった。

人の住まない、用途を失った空間が、一滴の雫によってその魅力を取り戻し、力強く、美しいその表情で、人々を迎え入れている。

■建築概要
所在地:名古屋市
構造・規模:木造2階建ての改修
主要用途:美容室
計画期間:3ヶ月
施工期間:1ヶ月
完成時期:2014年12月
担当:間宮晨一千・杉浦愛子


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact