究建築研究室が企画・監修して、名城大学柳沢研究室が設計した、名古屋市北区の「あじまの家」

( )

Photo at random

究建築研究室が企画・監修して、名城大学柳沢研究室が設計した、名古屋市北区の「あじまの家」

architecture, feature

am00_21A2213
all photos(C)笹倉洋平

究建築研究室が企画・監修して、名城大学柳沢研究室が設計した、名古屋市北区の「あじまの家」です。

名古屋市北区にある、戦後ほどなく建てられたと思われる木造建築の改修である。この建物は宗教団体の本部兼住宅として使われてきたが、長らく居住してきた施主の両親が他界したことで空き家となった。かなり傷んではいたものの、長年地域に親しまれてきたこの建物を壊すには忍びないと考えた施主は、これを改修し地域に開いたサロン兼セカンドハウスとして活用することとした。

2013年7月から名城大学柳沢研究室にて実測調査及び改修計画の立案・実施設計を行い、2014年4月から解体工事に着手、2015年3月に完成した。施工にあたっては、地域に開かれた場所として様々な人に関わってほしいという施主の思いがあり、またコスト削減や木造建築について学ぶ教育的効果への期待もあり、プロの指導のもと学生が中心となって工事を行った。

※以下の写真はクリックで拡大します

am01_21A2076

am02_21A2098

am03_21A2113

am04_21A2135

am05_21A2353

am06_21A2347

am08_21A2198

am09_21A2227

am10_21A2153

am11_21A2180

am12_21A2295

am13_21A2266

am14_21A2276

am15_21A2242

am16_21A2323

am17_21A2334

am18_21A2065

am19_21A2051

以下、建築家によるテキストです。

**********

名古屋市北区にある、戦後ほどなく建てられたと思われる木造建築の改修である。この建物は宗教団体の本部兼住宅として使われてきたが、長らく居住してきた施主の両親が他界したことで空き家となった。かなり傷んではいたものの、長年地域に親しまれてきたこの建物を壊すには忍びないと考えた施主は、これを改修し地域に開いたサロン兼セカンドハウスとして活用することとした。

2013年7月から名城大学柳沢研究室にて実測調査及び改修計画の立案・実施設計を行い、2014年4月から解体工事に着手、2015年3月に完成した。施工にあたっては、地域に開かれた場所として様々な人に関わってほしいという施主の思いがあり、またコスト削減や木造建築について学ぶ教育的効果への期待もあり、プロの指導のもと学生が中心となって工事を行った。

「あじまの家」は宗教的な場であるお堂を中心として、その周囲にはりつくようにL字型の生活空間が配置された平屋である。生活の変化に応じて改修を重ねてきた形跡が随所に見られた。お堂と比較的状態の良い部屋を除いた部分を改修の範囲と定め、以下の4点を改修の基本方針とした。

①細かく区切られた空間の統合
細かく区切られていた部屋を一室空間として、多人数の集まる空間を設けた。中心となる小屋裏吹抜のホールにキッチンや土間、畳コーナーが接続する。

②お堂/改修部の関係の調整
お堂への扉は普段は閉じられているが、この建築の象徴的中心として改修部のどこからでもその存在を感じられるよう、改修部とお堂の境界はすべて荒々しい土壁で仕上げ、 そこに両者をつなぐ各種の開口部を設けた。

③時間の蓄積の空間体験
全体を一室空間としながらも、時期の異なる増築によって継ぎ接ぎされた空間の履歴を、床高・天井高・仕上げ等の変化によって表現している。また改修前に使われていた材を様々な形で転用・再利用している。

④大人数の学生が施工するからこそ可能となるデザイン
素人である学生の施工は作業効率や精度の点では不利であるが、時間や手間を惜しみなくかけられる。床面積50㎡たらずの工事に約1年の時間を費やした。
・ホールの天井:比較的状態が良く再利用可能な材(フローリング、畳下地板、天井板)を丁寧に剥がし洗浄した後、一枚ずつ丸太に合わせて加工し貼り仕上げた。約一か月半の時間を要した。
・土間のコンクリートタイル:上足でも使用するためより滑らかな質感を追求し、大学の設備を使用して試作を繰り返しながら、艶のある大判のコンクリートタイル(1600×240×60mm、重さ70kg)を打設し敷き詰めた。
・左官仕上げの多用:左官仕上げは、特に高い精度を求めなければ素人でもある程度の施工が可能であり大人数の作業にも適している。 そこで壁面はすべて土壁及び砂漆喰仕上げとした。特にお堂周囲の長さ9.2m、高さ2.5?4.7mの大壁面の荒壁は、塗り継ぎが生じないよう13人がかりで1日で仕上げた。

■建築概要
名称:あじまの家
所在地:名古屋市北区
企画・監修:究建築研究室
設計:名城大学柳沢研究室
施工:工作舎中村建築(中村武司・佐藤俊伸・内野史基)+名城大学柳沢研究室
建物概要:地域サロンおよびセカンドハウス・木造平屋建て、改修部面積:47㎡
竣工:2015年3月


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact