長坂常 / スキーマ建築計画による、福岡の店舗「DESCENTE BLANC 福岡」

( )

Photo at random

長坂常 / スキーマ建築計画による、福岡の店舗「DESCENTE BLANC 福岡」

architecture, feature

01_web_150918_0806

02_web_150917_0332
all photos(C)長谷川健太

長坂常 / スキーマ建築計画が設計した、福岡の店舗「DESCENTE BLANC 福岡」です。店舗の住所は、福岡市中央区大名1-14

空間に動きを取り込むこと」を考え、その中でも特にスタッフがストックに商品をとりにいき、お客様に届けるその過程を再度デザインした。それによって、フロア天井部をストックにし昇降するハンガーラックを設置し、先の動きをラックの昇降に置き換えた。また、そのラックは時にディスプレイとしても利用することができ、動くディスプレイが実現し、日々変化するショップ空間が誕生した。

※以下の写真はクリックで拡大します

03_web_150917_0326

04_web_150918_0768

05_web_150918_0777

06_web_150918_1117

07_web_150918_1122

08_web_150918_0791

09_web_150918_1184

10_web_150918_1191

11_web_150918_1198

12_web_150918_1203

13_web_150918_1209

15_web_150918_1223

16_web_150918_1229

17_web_150918_1235

18_web_150918_1323

19_web_150918_1380

20_web_150918_1026

21-drawing01

22-drawing01

23-drawing03

以下、建築家によるテキストです。

***********

DESCENTE BLANC 福岡店

空間に動きを取り込むこと」を考え、その中でも特にスタッフがストックに商品をとりにいき、お客様に届けるその過程を再度デザインした。それによって、フロア天井部をストックにし昇降するハンガーラックを設置し、先の動きをラックの昇降に置き換えた。また、そのラックは時にディスプレイとしても利用することができ、動くディスプレイが実現し、日々変化するショップ空間が誕生した。

1FCHが3225mmに525mmの掘り込みがあるため、手前の路上から見ると商品がより下まで下がる。その結果、アイレベルを挟んだ上下への変動が大きくなり動きの躍動感が大きくなる。また、この福岡店では地元のコミュニティとの関わりを大事にしたいと考え、2階の一部にキッチンを設け、庭や屋上を有効に使用してゆくことを計画している。

■建築概要
題名 : DESCENTE BLANC 福岡
設計:長坂 常/スキーマ建築計画
担当:山本 亮介+仲野 耕介+上野 黄/スキーマ建築計画
所在地:福岡市中央区大名1-14
主用途:物販店(アパレル)
施工:株式会社TANK
階数:2
床面積:1F:103.00㎡ 2F:75.33㎡
構造:鉄骨造
竣工:2015年9月
写真:長谷川 健太


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact