一級建築士事務所HYADによる、福井県福井市の「日之出の住宅」

( )

Photo at random

一級建築士事務所HYADによる、福井県福井市の「日之出の住宅」

architecture, feature

hinode00
all photos(C)一級建築士事務所HYAD

一級建築士事務所HYADが設計した、福井県福井市の「日之出の住宅」です。

敷地は福井都心地区を東西に横断する幹線道路沿いの「景観形成重点地区」の端に位置する。前面道路は、白山連邦や国見岳などへの「山当て」となる片側2車線の通りであり、良好な景観形成のためにインフラ類は地中化されている。また、通り沿いの住宅は、長屋のように屋根が切妻形状で、軒を道路側に向け、隣家に近接して並んでいるが、所々に駐車場や前庭のある住宅の「ヴォイド」や、陸屋根の建物等が混在している。本敷地も元は街区を南北に貫通する「抜け(「ヴォイド」の連なり)」の一部を形成していた駐車場であり、周辺環境にとって光や風、視線の通り道であったと考えられる。

※以下の写真はクリックで拡大します

hinode01

hinode03

hinode04

hinode05

hinode06

hinode07

hinode08

hinode09

hinode10

hinode11

hinode12

hinode13

hinode14

hinode15

hinode16site

hinode17plans

hinode18sections

以下、建築家によるテキストです。

***********

敷地は福井都心地区を東西に横断する幹線道路沿いの「景観形成重点地区」の端に位置する。前面道路は、白山連邦や国見岳などへの「山当て」となる片側2車線の通りであり、良好な景観形成のためにインフラ類は地中化されている。また、通り沿いの住宅は、長屋のように屋根が切妻形状で、軒を道路側に向け、隣家に近接して並んでいるが、所々に駐車場や前庭のある住宅の「ヴォイド」や、陸屋根の建物等が混在している。本敷地も元は街区を南北に貫通する「抜け(「ヴォイド」の連なり)」の一部を形成していた駐車場であり、周辺環境にとって光や風、視線の通り道であったと考えられる。

 建物は、2層と3層の家型が1層部で平屋と繋がり、その屋根形状や配置は街並との一体感を考慮した。1階は可動間仕切りのある大きなL字型ワンルームのセミパブリック空間、2階は陸屋根を介した2つの独立したプライベート空間となっている。このような形態操作と空間構成、更には、敷地境界線から建物を四方離す配置計画によって、敷地内に立体的な隙間や余白等の「ヴォイド」を多くつくり出した。また、この「ヴォイド」が敷地内外で連なる事によって広範囲に渡る「抜け」を形成する。これらによって、敷地内に光や風を行渡らせ、建物全体や近隣にまで拡散するようにした。また、「抜け」を室内に取り込むことで、建物のどこにいても敷地外にまでつづく開放感と周辺環境との一体感を生活の中で感じることができる。このような手法によって、「ヴォイド」が混在する現状の街並との連続性や統一感を生み出しただけでなく、敷地が持っていた「抜け」という都市の潜在性を極力残し活かすことで、周辺環境をなるべく変えないように建物内外との調和を目指した。

■建築概要
所在地:福井県福井市
設計:一級建築士事務所HYAD / 構造:馬渕 亮一
構造・構法:木造軸組
竣工年:2015年
敷地面積:181.88 sqm
延床面積:105.94 sqm
写真:一級建築士事務所HYAD


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact