松本光索による、東京都豊島区駒込の、ギャラリー・駒込倉庫のライブラリースペース「駒込のライブラリー」

( )

Photo at random

松本光索による、東京都豊島区駒込の、ギャラリー・駒込倉庫のライブラリースペース「駒込のライブラリー」

architecture, feature

00-160927_8253
all photos(C)表恒匡

松本光索が設計した、東京都豊島区駒込の、ギャラリー・駒込倉庫のライブラリースペース「駒込のライブラリー」です。

古いアパートを改修してつくられたギャラリー、駒込倉庫の一角にあるライブラリースペースの内装計画。
ライブラリーとなるスペースは間口2.5m、奥行き10mと縦長で、空間奥に新たに設けられた窓から入る光がとても印象的であった。
ライブラリーの内装設計にあたり、この光がさらに増幅され、のびのびと全体に行き渡るような空間を作り出すことができないかと考えた。

※以下の写真はクリックで拡大します

01-160927_8213

02-160927_8218

03-160927_8232

04-160927_8239

05-160927_8245

06-160927_8261

07-160927_8275

08-b0008288

09-b0008307

以下、建築家によるテキストです。

***********

駒込のライブラリー

古いアパートを改修してつくられたギャラリー、駒込倉庫の一角にあるライブラリースペースの内装計画。
ライブラリーとなるスペースは間口2.5m、奥行き10mと縦長で、空間奥に新たに設けられた窓から入る光がとても印象的であった。
ライブラリーの内装設計にあたり、この光がさらに増幅され、のびのびと全体に行き渡るような空間を作り出すことができないかと考えた。
床には反射性の強いエポキシ樹脂を流し込み、光をライブラリーの入口まで引き延ばすとともに、垂直方向にも空間に奥行きを与える。また、新設のベンチ、分厚い側板のかわりに厚さ6ミリのフラットバーによって支えられた本棚が、細長い空間の長手方向に強い水平のラインを作り出すことで光の源となる窓へと向かう方向性をより強調させる。
新たな内装によって生み出された光の奥行きを持つ空間へと、人々が吸い込まれるようにして訪れ、アートの鑑賞とともにこのライブラリーで思い思いの時間を過ごせる場となることを期待している。

■建築概要
所在地:東京都豊島区駒込
延床面積:25㎡
設計、施工期間:2016年7月~2016年8月
設計:松本光索
施工:TANK
エポキシ:なかむらしゅうへい
照明:日下竜吾
写真:表 恒匡
駒込倉庫ホームページ:http://komagomesoko.com/


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact