藤森雅彦建築設計事務所による、宮城・仙台の保育所「つつじがおか もりのいえ保育園」

( )

Photo at random

藤森雅彦建築設計事務所による、宮城・仙台の保育所「つつじがおか もりのいえ保育園」

architecture, feature


photos(C)外観:小川重雄/内観:藤森雅彦建築設計事務所

藤森雅彦建築設計事務所が設計した、宮城・仙台の保育所「つつじがおか もりのいえ保育園」です。

敷地は仙台市の中心部にあり、区画整備事業により新たに区画割りされ今後も開発が進んでいくことが予想される場所にある。そのような新しい“まち”の中で保育園はどのようにあるべきなのか考えさせられるものであった。
限られた敷地の中では地続きの園庭を設けることはできず、保育園として必要な諸室や園庭を機能的に積層させる手法をとった。その上で“市街地に建つ積層型の保育園”において、「子ども達の好奇心や創造性を育む空間をどのように創ることができるか」「地域との関りをどのようにつくっていくか」を課題として捉え、設計した。

※以下の写真はクリックで拡大します

以下、建築家によるテキストです。

**********

敷地は仙台市の中心部にあり、区画整備事業により新たに区画割りされ今後も開発が進んでいくことが予想される場所にある。そのような新しい“まち”の中で保育園はどのようにあるべきなのか考えさせられるものであった。
限られた敷地の中では地続きの園庭を設けることはできず、保育園として必要な諸室や園庭を機能的に積層させる手法をとった。その上で“市街地に建つ積層型の保育園”において、「子ども達の好奇心や創造性を育む空間をどのように創ることができるか」「地域との関りをどのようにつくっていくか」を課題として捉え、設計した。

通り側の壁面に、子どもの頃に誰もが描いた“家”をそのままカタチとした出窓を配すことで、通園する子ども達の好奇心を視覚により刺激し、室内では出窓の付加空間が遊びの創造性を広げる設計とした。通りから見る重層する家型はまちのシンボルとなり、“地域”と“子どもたち”を繋ぐ媒体となると考え計画した。
また、鉄筋コンクリートによる強固な構造形式を採用しながらも、室内には木の表情を多用し、柔らかい印象の空間となるよう目指した。

区画整備事業により新しく整備された場所であるため、古くからのコミュニティーは希薄となり、新しく流入した人たちによるコミュニティーも希薄な中で、通園する子どもたちだけではなく、通りや地域全体に対してこの保育園の建設によって笑顔が増え、地域との関りを生み出しているように感じた。

■建築概要
名称:つつじがおか もりのいえ保育園
所在地:宮城県仙台市宮城野区
用途:保育所(認可保育園)
竣工:2017年3月
敷地面積:270.64㎡
建築面積:211.31㎡
延床面積:662.83㎡
構造:RC造
規模:地上4階
設計監理:藤森雅彦建築設計事務所
構造:ハシゴタカ建築設計事務所
電気設備:伊藤建築設備設計室
施工:深松組
撮影:外観写真:小川重雄/内観写真:藤森雅彦建築設計事務所


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact