+ticによる、静岡県磐田市の美容室「split」

( )

Photo at random

+ticによる、静岡県磐田市の美容室「split」

architecture, feature

all photos©+tic

+ticが設計した、静岡県磐田市の美容室toroaのための内装計画「split」です。

また店舗プロモーション上重要な撮影などを行う余白の空間。カットスペースやシャンプブースなどの、行為自体を見れば物理的にマイナスの操作(髪を切る、汚れを落とす等)が行われる空間という形で二分して捉えた。空間を均質に作るのではなくあえて明快な区分を設け、それぞれを足し算=仕上げを施す/引き算=仕上げを引き剥がすという方法で応え、それに呼応するように照明や什器、カーテンなどが丁寧に選定されている。調髪を受けるという出来事の高揚感が増幅されるような、そして地方都市ならではの間口のゆとりを、最大限生かされる空間となるよう設計している。

※以下の写真はクリックで拡大します

以下、建築家によるテキストです。

***********

若い美容師夫婦のための美容室の改修計画。元々は市内の別店舗に勤めていたクライアントから、独立するにあたって依頼された案件である。計画地は静岡県磐田市の中心部に位置し、目の前には真新しい大型ショッピングセンターのある、いかにも地方都市らしい風景の中に立地している。この計画では美容室というプログラムを、レセプションや待合、また店舗プロモーション上重要な撮影などを行う余白の空間。カットスペースやシャンプブースなどの、行為自体を見れば物理的にマイナスの操作(髪を切る、汚れを落とす等)が行われる空間という形で二分して捉えた。空間を均質に作るのではなくあえて明快な区分を設け、それぞれを足し算=仕上げを施す/引き算=仕上げを引き剥がすという方法で応え、それに呼応するように照明や什器、カーテンなどが丁寧に選定されている。調髪を受けるという出来事の高揚感が増幅されるような、そして地方都市ならではの間口のゆとりを、最大限生かされる空間となるよう設計している。当初よりクライアントから、外から見たときになんだかよく解らないお店を作りたいという要望もあり、カーテンを引いた状態では内部がどのようになっているのか定かにはならない。目の前にあるショッピングセンターがそうであるように、商業施設として生き残っていくには、とにかく一目で理解出来る「わかりやすさ」が重要であろう。しかし一目でわかるということは、他の同じく一目でわかる同業他店舗と篩いにかけられるということだ。コンビニの数よりも多いと言われる美容室が生き残っていくためには、短期的な顧客獲得を目指すことなく、多くの常連を得るための戦略として、このわかりにくさという戦略は案外正しいのかもしれない。

■建築概要
題名:split
敷地:静岡県磐田市今之浦
用途:美容室
延床: 100㎡
設計:+tic
施工:貴総合美装 (什器施工:+tic)
建具:大森皓太
竣工:2017年10月


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact