濱田慎太建築事務所による、群馬・前橋の「前橋の住宅」

( )

Photo at random

濱田慎太建築事務所による、群馬・前橋の「前橋の住宅」

architecture, feature

all photos©鈴木研一写真事務所

濱田慎太建築事務所が設計した、群馬・前橋の「前橋の住宅」です。

本計画は、関東近郊の宅地開発が進む住宅街に建つ二世帯住宅である。
分譲地特有の整然とした区画割りにより同じような風景が連続するコンテクストが希薄な周辺環境の中で、限られた敷地を最大限に活用すると共に、新しい文脈を与える事で内部だけではなく周辺に対しても小さな変化を及ぼす事を考えた。

※以下の写真はクリックで拡大します

以下、建築家によるテキストです。

**********

前橋の住宅 「四つのボリュームと三角の庭」

本計画は、関東近郊の宅地開発が進む住宅街に建つ二世帯住宅である。
分譲地特有の整然とした区画割りにより同じような風景が連続するコンテクストが希薄な周辺環境の中で、限られた敷地を最大限に活用すると共に、新しい文脈を与える事で内部だけではなく周辺に対しても小さな変化を及ぼす事を考えた。
まず、必要諸室をコモンとプライベートの2つのボリュームに分け、接道する北側に個室や水廻りのための比較的閉じたプライベートなボリューム、周辺が開けた日当りのいい南側にリビング?ダイニングやキッチンなど家族の集まるコモンスペースのためのボリュームを配し、それら性格の異なる2つのスペースの間を繋ぐようにフリースペースを配置した。
プライベートなボリュームは1階に親世帯、2階に子世帯として適度なプライバシーを保ちつつもフリースペースを介してお互いの気配が感じられるような空間とした。
また、北側2階の大きな開口部は内部のプライバシーを保ちつつ、袋小路で暗くなりがちな前面道路に灯りという安心感を提供する。
南側に配したコモンスペースのボリュームは、周辺の開かれた環境を最大限に取り込むために一層吹き抜けの開放的な空間とし、周辺の建物や庭に合わせて角度を振ることで、隣地との視線の干渉を和らげると共に、建物周辺に三角形の庭をつくりだす。
不整形な三角形の庭は整形な同面積の庭よりも奥行きができ、内部からの視線は敷地から隣地の庭、その先の道路や住宅へと引き延ばされ、実際の面積以上の視覚的な広がりを生むと共に敷地境界を曖昧にする。
大きな土間の玄関や家族のギャラリーなど多様な活動を誘発するフリースペースは、コモンとプライベート双方の機能を拡張したり補塡しながら、季節の移ろいに合わせてフレキシブルに変化することで生活に彩りを与える。
どこにでもあるような分譲地の中で、一つの住宅が周辺環境にとっていままでにない新たなコンテクスト(文脈)となり、慣習的な分譲地住宅に新たな展開を見出す一つの素形となることを期待している。

■建築計画
設計・監理:株式会社 濱田慎太建築事務所
施工:有限会社 安松託建
構造:株式会社ロウファットストラクチュア
写真:鈴木研一写真事務所
敷地:群馬県前橋市
用途地域:第一種低層住居専用地域
構造:木造軸組工法
敷地面積:202.08㎡(61.13坪)
建築面積:74.47㎡ (22.53坪)
延床面積:122.59㎡ (37.08坪)
竣工:2017年12月


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact