ヴァレリオ・オルジアティ”K+N邸”
AFPBB News”ロンドンのテート・モダンで人種差別を表現した「ひび」の展覧会”

0.29 AFPBB News”ロンドンのテート・モダンで人種差別を表現した「ひび」の展覧会”

AFPBB Newsに、”ロンドンのテート・モダンで人種差別を表現した「ひび」の展覧会”という記事があります

ヘルツォーグ&ド・ムーロンが改修設計したテートモダンで行われている、コロンビアの芸術家、ドリス・サルセド(Doris Salcedo)のインスタレーション展”Shibboleth”に関する記事です。
テート・モダンのタービンホールのコンクリート床に、167メートルの”ひび”を入れるという作品のようです。
リンク先で、作品の画像が5枚見られます。

インタビュー”建築写真家 小川重雄” ノーマン・フォスター”カンプノウ” SANAA”The New Museum”

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。