ANTONIO JIMENEZ TORRECILLAS”Nasrid Wall – Upper Albaicín, Granada”
サムネイル:ANTONIO JIMENEZ TORRECILLAS

0.00 ANTONIO JIMENEZ TORRECILLAS”Nasrid Wall – Upper Albaicín, Granada”

s001.jpg

スペインの建築家ANTONIO JIMENEZ TORRECILLASが設計した”Nasrid Wall – Upper Albaicín, Granada”です。
2004年の作品。
写真とドローイングを提供して頂いたので紹介します。
スペインのグラナダに新しく”壁”を作るプロジェクト。
敷地はアルハンブラ宮殿の近くです。

s002.jpg

既存の壁面との関係が非常に良く考えられています。

artnet、デザインマイアミ2007

0.00 artnet、デザインマイアミ2007

artnetのデザインマイアミ2007の特集サイトで様々なデザイナーの作品を見ることができます

有名どころをピックアップすると、

デビッド・アジャイ
ロン・アラッド
ザハ・ハディド
アトリエ・ファン・リースハウト
ジャスパー・モリソン

その他にも多数掲載されています。

アジャイがデザインしたプロダクトは初めて見ました。
ミニマルなんだけどプリミティブな要素も入っていて興味深いです。

東京都現代美術館、”川俣正”展

0.00 東京都現代美術館、”川俣正”展

東京都現代美術館で、”川俣正”展が行われます

まだ先の話ですが。
会期は、2008年2月9日(土)~4月13日。

サイトには、

今回の展覧会にあたり、新しいプロジェクトとして実施されるのは、美術館を〔通路〕にすることです。
〔通路〕は場所と場所との中間領域や敷居、あるいは迂回路でもあり、接触領域(コンタクトゾーン)
でもあります。
通常は「貯蔵庫」「展示」といった機能が前面に出される美術館を、人々が行き交う〔通路〕として
みなすことでどのようにその空間や機能を変容させるのでしょうか?

とあります。

川俣正には、建築と非常に近いところで作品を作っている作家という印象を持っています。
建築的視点からも楽しめる展覧会になるのではないでしょうか。

PEN最新号(2007年12月15日号) 風力ダム 長岡市の厚生会館地区整備設計コンペティションに隈研吾が勝利 YAB-YUM、2008SS

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。