モダニズム建築の東京中央郵便局が建て替えへ

0.38 モダニズム建築の東京中央郵便局が建て替えへ

モダニズム建築の東京中央郵便局が建て替えられることになるようです

モダニズム建築の東京中央郵便局が38階建のビルに建て替えられることになるようです。読売新聞より。DOCOMOMO Japanは、この建築の保存を全世界に呼び掛けていました。

追加情報

東京新聞によると、外観デザインはヘルムート・ヤーンがデザインを手掛けるようです。
建物保存の要望に答えて既存建物の外観は残されるとの事。リンク先に画像が1枚。

山口誠がデザイン監修した”n-SG1″の写真 デビッド・フィッシャーによる回転する高層ビルの記者会見のレポート

0.68 デビッド・フィッシャーによる回転する高層ビルの記者会見のレポート

デビッド・フィッシャーによる回転する高層ビルの記者会見のレポートがApfbb Newsにあります

デビッド・フィッシャーが設計して建設が始まるドバイの回転する高層ビルの記者会見のレポート(日本語)がApfbb Newsにあります。写真が11枚掲載されています。

保坂健二朗によるヨゼフソンの彫刻と”彫刻の家”についての記述

1.62 保坂健二朗によるヨゼフソンの彫刻と”彫刻の家”についての記述

保坂健二朗によるヨゼフソンの彫刻と”彫刻の家”についての記述が、すばる文学カフェに掲載されています

キュレーターの保坂健二朗がハンス・ヨゼフソンの彫刻と、ペーター・メルクリの”彫刻の家”について書いたエッセイが、すばる文学カフェに掲載されています。

ペーター・メルクリ講演会レポート(3)
サムネイル:ペーター・メルクリ講演会レポート(3)

242.38 ペーター・メルクリ講演会レポート(3)

2008年6月、東京国立近代美術館で、スイス人建築家ペーター・メルクリの講演会が行われた。内容はメルクリによる作品、彫刻の家とノバルティスキャンパスビジターセンターをメルクリ自身が解説するというものであった。ここではメルクリの講演の様子をレポートする。なお、このレポートは、許可をとって取材・撮影をしたが、文責はサイト運営者側にあり、その内容に関して、メルクリおよび美術館は関知していない事をご了承下さい。

ペーター・メルクリ講演会レポート(1)はこちら。


講演後、メルクリに対して観衆から質問が投げかけられた。
その質問に対しメルクリは、情熱的に答えた。

ペーター・メルクリ講演会レポート(2)
サムネイル:ペーター・メルクリ講演会レポート(2)

83.77 ペーター・メルクリ講演会レポート(2)

2008年6月、東京国立近代美術館で、スイス人建築家ペーター・メルクリの講演会が行われた。内容はメルクリによる作品、彫刻の家とノバルティスキャンパスビジターセンターをメルクリ自身が解説するというものであった。ここではメルクリの講演の様子をレポートする。なお、このレポートは、許可をとって取材・撮影をしたが、文責はサイト運営者側にあり、その内容に関して、メルクリおよび美術館は関知していない事をご了承下さい。

ペーター・メルクリ講演会レポート(1)はこちら。


メルクリは彫刻の家について丁寧に解説した。この解説には彼の建築に関する考え方がふんだんに盛り込まれていた。素材について、プロポーションについて、建物と敷地の関係、作品と建物の関係、全てが十分に検討され決定されていく過程を知ることができた。

そして、メルクリは近作であるノバルティスキャンパスビジターセンターの解説を始めた。

ペーター・メルクリ講演会レポート(1)
サムネイル:ペーター・メルクリ講演会レポート(1)

86.15 ペーター・メルクリ講演会レポート(1)

kouen000.jpg

2008年6月、東京国立近代美術館で、スイス人建築家ペーター・メルクリの講演会が行われた。内容はメルクリによる作品、彫刻の家とノバルティスキャンパスビジターセンターをメルクリ自身が解説するというものであった。ここではメルクリの講演の様子をレポートする。なお、このレポートは、許可をとって取材・撮影をしたが、文責はサイト運営者側にあり、その内容に関して、メルクリおよび美術館は関知していない事をご了承下さい。

山口誠による”n-SG1″ デビッド・フィッシャーによる回転する高層ビル book”Take Your Time: Olafur Eliasson” 伊東豊雄のバークレー美術館の新しい画像 ジョン・ポーソンがデメイレ社のためにデザインした調理器具

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。