10+1のサイトの建築系ラジオが更新

0.00 10+1のサイトの建築系ラジオが更新

10+1のサイトの建築系ラジオが更新されています

10+1のウェブサイトの建築系ラジオが更新されています。
■テーマ討議 アルゴリズミック・デザインをめぐって2 アルゴリズム、方法論の多様性と対立性
■緊急討議 レム・コールハースの現在5 シチュアシオニストを編集するレム・コールハース 南後由和(後編)
■卒業設計シリーズ2(名古屋)卒計展のイメージ
の三本を聞くことができます。

florist_gallery Nで”守屋美保 展”が開催中[-2009/7/12]
サムネイル:florist_gallery Nで

0.00 florist_gallery Nで”守屋美保 展”が開催中[-2009/7/12]

ed-rawn2.jpg

名古屋のflorist_gallery Nで”守屋美保 展”が開催されています

名古屋のflorist_gallery Nで”守屋美保 展”が開催されています。開催期間は2009年7月12日まで。

「自分が存在している事への実感を求め、その実感に再び共感するために描かれる」

一度描いたら消せない素材で描かれた線は、私達が生きる後戻りできない時間が流
れる世界をあらわし、線同士が密集し繋がっていく様は、それでも時間は追憶する
ことやまだ見ぬ未来へ思いを馳せること、それを考えている今という時間を軸にし
て、自由に交わっていけるという精神内の時間の不思議な面白さをあわらしている
と考えています。

ペンを握る手の行く先は、手が動きやすい方向に合わせているので、描かれるのは
「必然的に描かれた偶然の線」です。

自分が描いている以上、全くの偶然ではありませんが全てを支配していないという
ことでほぼ無意識的に「描かれて」います。
幽体離脱のような感じ、といっても良いかもしれません。
描いている私はフワフワと無意識で偶然の中に居て筆を運び、それを背後で見てい
る常に冷静なもうひとりの私が存在しています。
もうひとりの私が常に最小限の制約を加えながら作品は描かれていきます。 (守屋美保)

■展覧会概要
守屋美保 展
2009年6月27日(土)〜7月12日(日)
12:00〜20:00(木曜休・7/8は休廊)
入場無料

邑楽コンペ訴訟が和解しています 0300TVによる藤本壮介へのインタビュー動画 やなぎみわによる”Windswept Women: 老少女劇団” レム・コールハースのインタビュー動画 二川幸夫のGA日記のオンライン版 SANAA”直島フェリーターミナル”の動画

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。